「メラニー・ロラン」の版間の差分

m
一部文章の訂正
(全体の訂正・加筆)
m (一部文章の訂正)
[[1983年]][[2月21日]]、[[パリ]]で生まれた。父親は[[声優]]の[[ピエール・ロラン (声優)|ピエール・ロラン]]、母親は[[バレリーナ]]だった。[[アシュケナージ]]および[[セファルディム]]系[[ユダヤ人]]の家系であり、祖父は[[ナチス・ドイツ|ナチス]]の迫害を受けた。
 
[[1999年]]、16歳の時に[[ジェラール・ドパルデュー]]に見出され、彼の監督作『''Un pont entre deux rives''』に出演した。その後、一時は学業に専念したが、[[2001年]]に[[ロドルフ・マルコーニ]]監督の『[[これが私の肉体]]』に起用され、[[ルイ・ガレル]]、[[ジェーン・バーキン]]、[[エリザベット・ドパルデュー]]と共演した。翌[[2002年]]には[[ミシェル・ブラン]]が監督した『[[キスはご自由に]]』に起用され、同作のヒットと共に注目を浴びた。[[2006年]]、[[フィリップ・リオレ]]監督の『[[マイ・ファミリー 遠い絆]]』に主演し、第32回[[セザール賞]]有望若手女優賞と第12回[[リュミエール賞]]の新人女優賞を受賞した。同作は[[第61回カンヌ国際映画祭]]の短編コンペティション部門に出品された。翌[[2007年]]には[[第57回ベルリン国際映画祭]]で[[シューティング・スター賞]]を受賞した。[[2009年]]には[[クエンティン・タランティーノ]]監督の『[[イングロリアス・バスターズ]]』に出演し、[[ハリウッド]]にも進出した。同年の『[[オーケストラ!]]』は代表作の一つなった。
 
また、[[映画監督]]としても活動しており、[[2008年]]に[[短編映画|短編]]『''De moins en moins''』でデビュー。同作は[[第61回カンヌ国際映画祭]]の短編コンペティション部門に出品された。[[2011年]]には初の[[長編映画|長編]]監督作となった『''Les adoptés''』を発表した。[[2014年]]の長編2作目『''Respire''』は[[第67回カンヌ国際映画祭]]の批評家週間部門に出品で上映された。
 
=== 私生活 ===
2,614

回編集