「妥当性」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
{{pathnav|論証|frame=1}}
'''妥当性'''({{lang-en-short|Validity}})は、[[演繹]]的[[論証]]が持つ論理的特性であるが、一般に任意の文に対して使われる(ここでいう文とは、真か偽かという[[真理値]]を持つものをいう)。ここでは、'''論証'''を文の集まりとし、そのうちの1つの文が結論で残りは前提であるとする。前提とは、結論が(おそらく)真であると示す根拠である。
 
791

回編集