「ヴォードヴィル」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''ヴォードヴィル'''または、'''ボードビル'''[[:en:Comédie en vaudeville|(vaudeville)]]とは、17世紀末に[[パリ]]の大市に出現した演劇形式である<ref>[[井上ひさし]]『この人から受け継ぐもの』([[岩波書店]] [[2014年]])「[[スクリーブ]]の笑い」pp.151-161によれば、[[ゴーゴリ]]、「近代劇の父」[[イプセン]]、[[アントン・チェーホフ|チェーホフ]]もヴォードヴィルに学び、血肉にして演劇を革新しているが、誰もまじめに考えないという。</ref>。
 
[[アメリカ合衆国|米国]]においては[[舞台]]での[[踊り]]、[[歌]]、[[手品]]、[[漫才]]などのショー・ビジネスを指すが、「アメリカン・ヴォードビル」と区別されることがある。ヴォードヴィルを演じる者は'''ヴォードヴィリアン'''('''Vaudevillian''')と呼ばれる。
 
米国におけるヴォードヴィル(イギリスでのミュージック・ホールに該当する)は、初期[[サイレント映画]]の歴史の中で重要な位置を占めている。