「日本国憲法第22条」の版間の差分

編集の要約なし
m (→‎判例: cl, rlr)
'''日本国憲法 第22条'''は、[[日本国憲法]][[日本国憲法第3章|第3章]]にあり[[居住移転の自由|居住、移転の自由]]、[[職業選択の自由]]、[[外国]]移住、[[国籍]]離脱の自由]]について規定する。
 
== 条文 ==
# 何人も、[[公共の福祉]]に反しない限り、[[居住]]、移転及び職業選択の自由を有する<ref>[http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%8c%9b%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S21KE000&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1 「日本国憲法」]、法令データ提供システム。</ref>
# 何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。
 
== 解説 ==
=== 営業の自由 ===
特定の[[職業]]を営む自由を[[営業の自由]]という。日本国憲法にはこれを保障する直接の規定はないが、[[職業選択の自由]]を保障しても営業の自由を認めなければ、職業選択の自由の保障が無に帰することを理由として、営業の自由は憲法第22条により保障されると解するのが通説である。
 
==沿革==
5,641

回編集