メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
}}
'''金田 正泰'''(かねだ まさやす、旧姓:'''竹村'''、晩年の姓:'''小武内'''、[[1920年]][[7月21日]] - [[1992年]][[12月5日]])は、[[京都府]][[京都市]]出身の[[プロ野球選手]]([[外野手]])・[[プロ野球監督|監督]]・指導者・[[野球解説者]]。現役時代から監督時代まで[[阪神タイガース]]一筋を貫いた。
在日韓国朝鮮人で旧名は、金正泰。
 
 
 
 
== 来歴・人物 ==
=== 現役時代 ===
生家は神社で、出生時は竹村姓だった。その後、平安神宮宮司の養子となり、金田姓となった(出典:『大阪タイガース球団史』、[[松木謙治郎]]・[[奥井成一]]共著、[[ベースボール・マガジン社]]、[[1992年]])。
 
旧制[[平安中学校・高等学校|平安中学]]時代は{{by|1938年}}[[全国高等学校野球選手権大会|夏]]~{{by|1941年}}[[選抜高等学校野球大会|春]]に甲子園出場。{{by|1942年}}、平安中学卒業にともない数球団からオファーがあったが、その中で最も条件が悪かった[[阪神タイガース]]に入団した。
 
匿名利用者