「ゲンと不動明王」の版間の差分

編集の要約なし
(前回の要約欄は履歴選択ミスです。)
 
== 解説 ==
児童文学作家の宮口しえの初長編小説で1958年に[[坪田譲治]]の尽力により[[筑摩書房]]から刊行された。[[木曽]]の山奥のセイカン寺の子どもであるゲンとイズミの兄妹愛を描いた作品は、1959年には第2回[[未明文学賞|小川未明文学賞]]奨励賞を受賞。ラジオ化やテレビ化など、さまざまなメディアを通して普及した。1961年には東宝で映画化され、[[三船敏郎]]扮する不動明王のシーンを特撮監督の[[円谷英二]]が手がけ、ポスターの挿絵には筑摩書房での装幀、挿絵を担当した[[朝倉摂]]が起用された。
 
== 映画版 ==
匿名利用者