「テリハノイバラ」の版間の差分

編集の要約なし
m
{{commons|Rosa luciae}}
 
'''テリハノイバラ'''(照葉野茨、学名:''Rosa luciae'')は、[[バラ科]][[バラ属]]の[[落葉]]または[[常緑]][[つる性]][[低木]]。
 
== 特徴 ==
[[幹|主幹]]は根から放射状に長く地面を這い、あまり太くならない。[[枝]]には鉤形の[[刺]]があり、側枝は直立して先端には[[花]]がつく。[[葉]]は奇数羽状複葉で、7-9の小葉からなる。小葉は厚く、円形または広卵形で、縁にはあらい歯牙があり、表面は深緑色で光沢あり、裏面は黄緑色になる。
 
花期は6-7月。枝の先端に径3-3.5cmの白色の5弁花をつける。[[花序]]の主軸は稲妻形に屈曲する。[[果実]]はやや大きく、長さ8-10mmの球状になり、赤熟し光沢がある。
 
野生のバラの普通種としては[[ノイバラ]]があるが、本種は葉のつやが強いこと、葉が小さく揃っていること、花の数が少なくて、一つ一つはずっと大きいことで区別できる。
 
== 分布と生育環境 ==
日本では、本州、四国、九州、琉球に分布し、海岸や河川敷の礫地、造成地、山間部のブナ帯の裸地や草原などに自生する。アジアでは、朝鮮、中国本土に分布する。
 
==ギャラリー==
匿名利用者