メインメニューを開く

差分

 
==日本の長距離列車==
現在、日本も運行長の所要時間・移動距離の長いを有する列車は寝台特急「[[トワイライトエクスプレス]]」([[大阪駅|大阪]]~[[札幌駅|札幌]]、1,508km()の札幌発大阪行き上り))列車の1,508.5km、約22時間50分である。
 
===新幹線・優等列車===
[[新幹線]]では、[[東京駅|東京]]~[[博多駅|博多]]間を走る「[[のぞみ (列車)|のぞみ]]」号の1,174.9kmが最長である。[[在来線]]は、近年でかつては特急「[[白鳥 (列車)|白鳥]]」(大阪~[[青森駅|青森]])や寝台特急「[[はやぶさ富士 (列車)|はやぶさ富士]]」(東京~[[鹿児島中央駅|西鹿児島(当時)]]([[日豊本線]]経由)、後年は熊本[[南宮崎駅|南宮崎]]・[[大分駅|大分]]止まり)など、運転距離1,000キロを越える列車が存在していた。しかし、延伸された[[新幹線]]置き換え延伸開業[[航空機]]や[[夜行バス]]との競合による[[夜行列車]]の需要減などにより、ほとんどが廃止された。[[夜行列車]]の場合、有効時間とされる時間が深夜帯となることから、その性格上、長距離を走るものがい。過去に、運転区間が短距離のため発着時間が不便になってしまい廃止となった夜行列車もあった。かつては、長距離の普通・快速列車にも寝台車が連結されるものがあったが、[[1985年]]までに全廃された。
 
[[夜行列車]]の場合、有効時間とされる時間が深夜帯となることから、その性格上、長距離を走るものが多い。その為、過去には、運転区間が短距離のため発着時間が不便になってしまい、廃止を余儀なくされた夜行列車も存在した。かつては、長距離の普通(快速)列車にも寝台車が連結されるものがあったが、[[1985年]]までに全廃された。
 
===普通列車===
単一列車番号で運転される、日本最長の定期普通列車は、[[根室本線]]の[[滝川駅|滝川]]発[[釧路駅|釧路]]行きの2429Dである。走行距離308.4kmで、所要時間8時間27分である。[[北海道旅客鉄道|JR北海道]][[北海道旅客鉄道釧路支社|釧路支社]]ではこれを記念して、復刻塗装を施した車両を用いたり、2429Dの[[終着駅]]である釧路駅では滝川駅から乗車した客に乗車証明書を配布している([http://www.jrkushiro.jp/kiha40unyou.html 「懐かしの列車が帰ってきた!キハ40 朱色塗装 運転 ]」JR北海道釧路支社公式サイトより)。
[[根室本線]]を運行する[[滝川駅]]から[[釧路駅]]行 2429Dが単一列車番号で運行される国内最長の定期運行普通列車。走行距離308.4km 8時間27分
 
列車番号を途中駅で変更して運転される定期普通列車の場合、[[山陽本線]][[岡山駅|岡山]]発[[新山口駅|深夜間口]]行き371Mが日本最長の定期普通列車(315.8km)となる。この371M列車は、途中の[[広島駅]]で3481Mに列車番号が変更される。この他、普通[[出雲市駅|出雲市]]発[[播州赤穂駅|播州赤穂]]行き([[山陰本線]]、[[伯備線]]、山陽本線、[[赤穂線]]経由)なども存在する。
かつては長距離列車は、[[旅客列車]]では[[優等列車]]・[[新幹線]]などが主体となるが、[[1986年]]11月の[[1986年11月1日国鉄ダイヤ改正|ダイヤ改正]]までは、[[荷物列車]]・[[郵便]]列車が存在した関係で、長距離の[[普通列車|普通・快速列車]]も多く設定されていた。
 
かつては長距離列車は、[[旅客列車]]では[[優等列車]]・[[新幹線]]などが主体となるが、[[1986年]]11月の[[1986年11月1日国鉄ダイヤ改正|ダイヤ改正]]までは、[[荷物列車]]・[[郵便]]列車が存在した関係で、長距離の[[普通列車|普通・快速列車]]も多く設定されていた。
[[山陰本線]]や[[函館本線]]等の路線は需要が小さく、荷物列車・郵便列車と旅客列車とが分離されていなかった。また、[[新幹線]]が未開通で特急・急行など[[優等列車]]の運転本数も少なく、長距離移動に普通列車を利用する需要も高かった[[1960年代]]以前は、長距離を運転する普通客車列車にも、[[一等車]]([[1960年]]までは二等車、現在の[[グリーン車]])が連結されていた。
 
[[山陰本線]]や[[函館本線]]等の路線は需要が小さく、荷物列車・郵便列車と旅客列車とが分離併結されていなかった。また、[[新幹線]]が未開通で特急・急行など[[優等列車]]の運転本数も少なく、長距離移動に普通列車を利用する需要かった[[1960年代]]以前は、長距離を運転する普通客車列車にも、[[一等車]]([[1960年]]までは二等車、現在の[[グリーン車]])が連結されていた。
[[西日本旅客鉄道|JR西日本]]が[[広島都市圏]]で案内している「[[広島シティネットワーク]]」の中心駅となる[[広島駅]]を越える列車もあり、また、[[北海道]]等では長距離運行される列車がある。
 
==参考文献==