「唐十郎」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''唐 十郎'''(から じゅうろう、本名:大靏 義英(おおつる よしひで)、[[1940年]][[2月11日]] - )は、[[劇作家]]・[[作家]]・[[演出家]]・[[俳優]]。[[東京都]]出身。
 
父は[[理研映画]]で監督・プロデューサーを務めた[[大鶴日出栄]]。前妻は女優の[[李麗仙]](1967年結婚、1988年離婚)息子長男は俳優・小説家・映画監督の[[大鶴義丹]]、娘。1989年の再婚後にもうけた長女は女優の[[大鶴美仁音]]。[[作家]]としても活躍(みにょん)次男は[[パリ人肉事件#この事件を元にした出版物|大鶴川君からの手紙]]』で[[芥川龍之介賞|芥川賞]]を受賞。俳優として自作以外の映画やテレビドラマに出演することもある。他の演出家への戯曲提供も多い。明治大学文学部演劇学科卒業。2012年4月より同大学客員教授に就任<br />
[[作家]]としても活躍、『[[パリ人肉事件#この事件を元にした出版物|佐川君からの手紙]]』で[[芥川龍之介賞|芥川賞]]を受賞。俳優として自作以外の映画やテレビドラマに出演することもある。他の演出家への戯曲提供も多い。明治大学文学部演劇学科卒業。2012年4月より同大学客員教授に就任。
 
== 来歴・人物 ==
また、中央公論社『[[海(雑誌)|海]]』の編集者だった[[村松友視]]の薦めで、小説を書くようになり、1983年、「[[佐川一政|佐川]]君からの手紙」で[[芥川龍之介賞|芥川賞]]を受賞する。
 
[[1988年]]、状況劇場を解散して劇団「唐組」を旗揚げ。作・演出・出演を務める。[[1997年]]10月には[[横浜国立大学]][[教育人間科学部]]マルチメディア文化課程教授に就任し、「舞台芸術論」などの講義と学生・[[中野敦之]]らの劇団[[唐ゼミ]]」を指導(第2回公演まで作・演出を、それ以降~現在は作・監修を務める)。[[2005年]]、同大学を定年退職。同年、[[近畿大学]][[文芸学部]]客員教授就任。[[2010年]]1月、同大にて最終講義を行った。2012年4月より、母校である明治大学文学部の客員教授に就任。
 
== 唐十郎をめぐる逸話 ==
* [[2003年]]1月 『泥人魚』で第7回[[鶴屋南北戯曲賞]]受賞
* [[2004年]] 『泥人魚』で[[読売文学賞]]受賞
* [[2005年]]3月 横浜国立大学を定年退
* 2005年4月 [[近畿大学]]客員教授就任
* 2005年9月 [[紫綬褒章]]受章を内示されるが辞退する
* 2006年11月 明治大学特別功労賞を受賞
* 2010年 第3回李炳注(イ・ビョンジュ)国際文学賞(韓国の文学賞)を日本人として初めて受賞する。<ref>[http://www.asahi.com/showbiz/stage/theater/TKY201010080333.html 唐十郎、充実の秋 韓国の文学賞受賞・新旧2作を上演中]([[朝日新聞]]・2010年10月8日)</ref>
* [[2012年]]4月 [[明治大学]]文学部客員教授に就任
* [[2013年]]1月 [[朝日賞]]受賞
 
5,603

回編集