「自給自足」の版間の差分

編集の要約なし
(Citeテンプレート、注釈、参照方法)
 
===食===
*[[水]] - 近くに川、[[泉]]などがあればその[[水]]を用いる。山間部などに住むと、しばしば山肌などから豊富に水が湧き出している場所がある。山あいの土地の傾斜地などでは、一年の大半、大量の水がまるで滝のように勢いよく流れている場所もある。あらかじめ調べて、水量が豊富な場所を居住地として選んでおけば、使いきれないほど水がタダで手に入ることになる<ref group="注">但し、川、湖、池、泉、[[私水]]([[井戸]]の水など)の使用は、無論、誰でも行うことができる。なお[[公資源]]、もしも<u>独占的</u>に使しようとする場合は[[水利権]]が必要だが、そうした設定がしていない水の場合は、そうした権利は必要ない。(特別な設定がしていないかぎり、河などを流れている水を、少量汲んは飲むことは、当然認められ、ということ</ref>。[[水道]]の代金がかからない。もしも衛生の点で若干不安がある場合は、沸かしてから飲めば大丈夫である。(定住生活では)[[井戸]]を掘るという方法もある。
*食料 - 食料を自給するということは例えば次のようなことになる。
**野生の植物を採る。家の近くに野・山があればそこで、食べられる植物を手にいれる。[[実]]・[[葉]]・[[茎]]・[[根]]など、特定の部分が食べられるものや、全体的に食べられるものなど、植物の種類ごとにさまざまである。田舎の年配者など半自給自足生活の経験のある人は何が食べられるか知っている人も多く、尋ねれば教えてくれる。自力で調べる方法もある。[[きのこ]](茸類)はとても美味しいものがたくさん自生しており魅力的だが、ただ毒キノコには十分に注意する必要があり、きのこ採集経験豊富な人に師になってもらい、(欲張らず)1~2種類づつ、安全なものと、似ているが安全でないニセモノ(モドキ)を見分ける方法を教えてもらい、さらに自分が実際に見分けられる状態になったか師匠に繰り返し確認してもらい、確実に見分けられるようになったものだけを採る。
匿名利用者