「ラミネート加工」の版間の差分

パウチッ子、使用事例について加筆
m (リンク切れ(田之内鉄工所破産決定のため)のためその旨記述)
(パウチッ子、使用事例について加筆)
'''ラミネート加工'''(ラミネートかこう、{{lang-en|lamination}})とは、[[紙]]の表面に[[透明]]の[[フィルム]]を貼ること。'''ラミネート'''、'''ラミ加工'''、'''パウチ加工'''ともいう。
 
カードや書類などに皮膜を施すための機器をラミネーターという<ref name="jpo-card-F2">[https://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/pdf/card/F2.pdf 意匠分類定義カード(F2)] 特許庁</ref>。このラミネーターは日本に十分普及していない時代に[[明光商会]]が広く[[TVCM]]を行った「パウチッ子」の商品名が広く知られ、ラミネート加工を施すことが俗に「'''パウチッ子する'''」<ref>「パウチッコ」「パウチっ子」などの表記ゆれも見られる。</ref>と呼ばれることもあった<ref>例えば[[1993年]]放送の[[テレビドラマ]]「[[高校教師 (1993年のテレビドラマ)|高校教師]]」の第一話にも女子高校生同士の会話中にこの表現が出てくる。</ref><ref>{{cite web | title=[[デイリーポータルZ]]24年前のパウチッ子でゴミを宝に | author=古賀及子 | url=http://portal.nifty.com/kiji/130905161644_1.htm | accessdate=2014/12/19}}</ref>。なお明光商会は既に「パウチッ子」の名をを自社製品に使用しておらず、この一般名詞的用法も2014年現ではあまり用いられない。
カードや書類などに皮膜を施すための機器をラミネーターという<ref name="jpo-card-F2">[https://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/pdf/card/F2.pdf 意匠分類定義カード(F2)] 特許庁</ref>。
 
[[印刷物]]を[[保護]]し、[[色落ち]]・[[摩耗]]の防止、美観を良くしたり、高級感を増すことができる。不正な[[改造]]・[[改竄]]を防止することもできるため、[[定期乗車券]]や[[身分証明書]]類に用いられることもある。また[[ラミネートチューブ]]を作る際の原材料となるシートを作る際にもラミネート加工が用いられる。
 
一方で、フィルムと印刷物の間に[[接着剤]]を塗布しているため、塗装部が剥離すると、印刷物の表面とフィルムの間に隙間ができて、そこに入り込んだ異物を除去しにくくなることがある。