メインメニューを開く

差分

参考文献の差し替え
[[寛喜]]3年([[1231年]])、[[安達義景]]の3男として誕生。母は[[甲斐源氏]]の一族[[伴野時長|伴野(小笠原)時長]]の娘。父義景は22歳、2人の兄がいるが、泰盛は当初から安達氏嫡子の呼び名である「九郎」を名乗っており、安達家の跡継ぎとして周知されていた。生まれた当時、幕府は3代[[執権]][[北条泰時]]の時代で、泰時の孫で泰盛の従兄弟にあたる5代執権[[北条時頼|時頼]]の4歳下でほぼ同世代である。
 
『[[吾妻鏡]]』における初見は泰盛が当時15歳であった[[寛元]]2年([[1244年]])6月17日条で、父義景の代役で[[大番役]]を務める[[上野国]]の御家人らの[[番頭]]として上洛した記録である<ref>『吾妻鏡』寛元2年6月17日条。[[新田政義]]が無断出家(自由出家)の罪により所領の一部を没収され、[[惣領]]の座を追われた時の様子が書かれている。<br>寛元二年六月小十七日丙戌。[[新田政義|新田太郎]]爲令勤仕[[京都大番役|大番]]在京。是爲[[上野國]]役之故也。而稱所勞。俄遂[[出家]]。但不[[触|相觸]]事由於[[六波羅探題|六波羅]]并[[番頭]]'''城九郎泰盛'''等之由。依有注進状。今日評定之次。被經沙汰。任被定置之旨。可被召放所領之由被定云々。又於[[遠国|遠國]]雜訴人者。[[収穫の時|西収]]以前。不可被成召文[[御教書]]之旨。被儲法云々。</ref>。この記述に「'''城九郎泰盛'''」の名が明確に見られることから、この時までに[[元服]]している筈であり、「泰」の字が付いていることから、[[仁治]]3年[[6月15日 (旧暦)|6月15日]]([[1242年]][[7月14日]])まで執権であった北条泰時から[[偏諱]]を受けたことが分かる<ref>得宗家は本来ならば[[征夷大将軍|将軍]]の下で一[[御家貫達人]]という立場にありながら、[[烏帽子親]]関係による一字付与を利用して、他の有力御家人を統制したことが指摘されており(紺戸淳武家社会における加冠と一字付与の政治性円覚寺領について」(『中央史学』二、1979年) および 山野龍太郎「鎌倉期武士社会における烏帽子親子関係」(所収:山本隆志 編日本中世政治文化論の射程』([[思文閣出版]]、2012年)p.163))、その統制の主体である烏帽子親、すなわち有力御家人が一字を賜る相手が将軍から得宗家へ移行したという見解も示されている(角田朋彦 「偏諱の話」(『段かづら』三・四、2004年) および 山野龍太郎「鎌倉期武士社会における烏帽子親子関係」(所収:山本隆志 編『日本中世政治文化論の射程』(思文閣出版、2012年)p.163)(→詳細は[[北条氏#北条氏による一字付与について]]を参照)。よって、[[安達盛長]]以来[[鎌倉幕府|幕府]]の信任を得て有力御家人となっていた[[安達氏]](『[[世界東洋百科事典|世界大百科事典 第2版]]紀要・「[http://kotobank.jp/word/%E5%AE%89%E9%81%94%E6%B0%8F 安達氏]」の項)もその統制下にあり、同じく北条氏と縁戚関係を結んでいた[[足利氏]]のケース([[田中大喜]] 編著『シリーズ・中世関東武士の研究 九巻 下野足利氏』([[戎光祥出版]]11集20131957))と同様に、[[安達泰盛|泰盛]]が[[北条泰時]]、[[安達宗景|宗景]]・[[安達盛宗|盛宗]]兄弟と[[安達宗顕|宗顕]]が[[北条時宗]]、[[安達貞泰|貞泰]]が[[北条貞時]]、[[安達高景|高景]]が[[北条高時]]から[[一字拝領|1字を拝領]]したと考えられる。足利氏において[[通字]]の「氏」が付かない[[足利家時]]について「時」の字が北条氏からの偏諱であることが指摘されており(小谷俊彦 「北条氏の専制政治と足利氏」(田中大喜 編著『シリーズ・中世関東武士の研究 第九巻 下野足利氏』(戎光祥出版、2013年)、p)P.131))、「時」を通字としない安達氏においても、[[安達時盛|時盛]]、[[安達時顕|時顕]]が同じケースと考えられ、年代的に時頼、貞時から賜ったものとみられる21。</ref>。弓馬に優れた泰盛は将軍興行の遠[[笠懸]]、[[犬追物]]などの射手として頻繁に名が見える。泰盛17歳の[[宝治]]元年([[1247年]])、有力御家人[[三浦氏]]と[[執権]][[北条時頼]]の対立による[[宝治合戦]]が起こり、祖父[[安達景盛|景盛]]の叱咤を受けた泰盛は、安達家の命運を賭けた戦いの先鋒として戦った。三浦氏の滅亡により、執権北条氏の外戚として時頼政権を支える安達氏の地位が確立した。
 
[[建長]]5年([[1253年]])6月に義景が死去し、泰盛は23歳で家督を継いで[[秋田城介]]に任ずる。父の後を受けて一番[[引付衆]]となり、[[康元]]元年([[1256年]])には5番[[引付頭人]]、同時に[[評定衆]]となって執権時頼を補佐した。翌康元2年([[1257年]])には、甘縄の安達邸で誕生した時頼の[[嫡子]][[北条時宗|時宗]]の元服の際には[[烏帽子]]を持参する役を務める<ref>『[[吾妻鏡]]』康元2年2月26日条、[[佐藤和彦]] 「北条時宗とその時代」(佐藤和彦・[[樋口州男]]『北条時宗のすべて』([[新人物往来社]]、2000年)p.11~12)。</ref>。父の死の前年に産まれた異母妹([[覚山尼]])を[[猶子]]として養育し、[[弘長]]元年([[1261年]])に時宗に嫁がせて北条[[得宗]]家との関係を強固なものとした。[[弘長]]3年([[1263年]])に時頼が没すると、泰盛は時宗が成人するまでの中継ぎとして執権となった[[北条政村]]や[[北条実時]]と共に[[得宗]]時宗を支え、幕政を主導する中枢の一人となる。[[文永]]元年([[1264年]])から同3年まで実時と共に[[越訴頭人]]を務める。
泰盛は文永11年([[1274年]])の[[文永の役]]後に[[御恩奉行]]となり、将軍惟康親王の安堵の実務を代行した。得宗家との親密な関係の一方、将軍[[宗尊親王]]、[[惟康親王]]との関係も密接であり、将軍の親衛軍、側近の名簿には必ず泰盛の名が見える。3代将軍[[源実朝]]の未亡人[[坊門信子|西八条禅尼]]は、文永9年([[1272年]])に実朝の菩提寺照心院に宛てた置文に、寺の諸問題が起きた時には、実朝に志し深かった[[安達景盛]]の孫である泰盛を頼るように記しており、京都の貴族層と将軍の仲立ちを務めていた。
 
時宗は文永9年(1272年)2月の[[二月騒動]]で同族内の対抗勢力を排除して得宗独裁の強化を図り、安達家でも、泰盛の庶兄の[[安達頼景]]が所領2か所没収を命じられた。文永10年([[1273年]])に宿老政村が死去、実時もこの頃に引退・死去しており、文永年間以前まで見られた北条一門は[[寄合衆]]のメンバーから消え、[[得宗]]家被官である[[御内人]]が台頭してくる。[[建治]]年間の寄合衆メンバーは御内人の[[平頼綱]]、[[諏訪真性]]、文官の[[太田康有|三善有]]などで御家人は泰盛のみであった。時宗政権を支えた二本柱は頼綱を筆頭とする得宗被官と、外戚で[[外様]]御家人の安達氏を代表する泰盛であったが、御内人と外様御家人という両者が時宗と結ぶ関係のあり方は対照的で、両者の対立は必然であった。[[建治]]3年([[1277年]])12月、時宗の嫡子[[北条貞時|貞時]]の[[元服]]に際し、泰盛は[[烏帽子]]を持参する役を務めて<ref>『[[建治三年記]]』12月2日条。</ref>その後見となる。[[弘安]]4年([[1281年]])の[[弘安の役]]後、弘安5年([[1282年]])、52歳の泰盛は[[秋田城介]]を嫡子[[安達宗景|宗景]]に譲り、代わって[[陸奥守]]に任じられる。陸奥守は幕府初期の[[大江広元]]、[[足利義氏 (足利家3代目当主)|足利義氏]]を除いて北条氏のみが独占してきた官途であり、泰盛の地位上昇と共に安達一族が引付衆、評定衆に進出し、北条一門と肩を並べるほどの勢力となっていた。
 
=== 弘安改革 ===
897

回編集