「トップリフター」の版間の差分

35tトップリフターとツイストロックピンの画像 計3枚を追加しました。
(全体的に加筆しました。)
(35tトップリフターとツイストロックピンの画像 計3枚を追加しました。)
[[画像:24トントップリフター.jpg|250px|thumb|荷役作業中のトップリフター]]
[[File:FD430.jpg|250px|thumb|最大吊上荷重35トン 最大揚程15.3mのトップリフター</br>40フィートコンテナを最大に揚げた状態での左右安定度を増すため、前輪はトリプルタイヤ(1軸6輪)]]
[[File:ツイストロックピン.jpg|250px|thumb|下から見たツイストロックピン </br>ロックピン左手前に突き出ている丸棒は、ロックピンがロックホールに完全に挿入されたことを検知するインターロック装置のセンサー]]
[[File:ツイストロックピン状態.jpg|250px|thumb|ツイストロックピンの回転状態</br>左は90度回転した「ロック」位置</br>右は回転0度の「アンロック」位置]]
'''トップリフター'''とは、ISO(国際標準化機構)規格を満たす貨物用コンテナ(所謂、海上コンテナ)の天板四隅に在る[[緊締装置#ツイストロック|ツイストロック]]ホールに嵌合してコンテナを吊り上げる「スプレッダー」を装備したフォークリフトの一種であり、主にISO規格20[[フィート]]以上の[[コンテナ]]の積み降ろしやコンテナ取扱事業所内の移動に用いられる荷役車両。一般的な[[フォークリフト]]が貨物の下面にフォーク(爪)を挿入して貨物を下支えして昇降させるのとは違い、上から吊り上げるような機構でありフォークを装備していないが、日本の法令ではフォークリフトとして扱われる。
 
163

回編集