「哲学探究」の版間の差分

原題ドイツ語に
編集の要約なし
(原題ドイツ語に)
{{Wittgenstein}}
『'''哲学探究'''』(Philosophical(てつがくたんきゅう、{{lang-de-short|''Philosophische investigationsUntersuchungen''}})は哲学者[[ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン]]によって執筆され、死後の1953年に[[エリザベス・アンスコム|アンスコム]]と[[ラッシュ・リーズ|リース]]によってまとめられた遺稿が出版された著作である。
 
ウィトゲンシュタインは『[[論理哲学論考]]』で示した前期の思想を1933年の『青色本』と『茶色本』で転換した。本書『哲学探究』は後期ウィトゲンシュタインの思想が示されている代表的な著作であり「[[言語ゲーム]]」や「[[家族的類似性]]」、「規則にしたがうこと」「[[私的言語]]の不可能性」「[[志向性]]」等の重要な概念について考察されている。かつて『哲学探求』とも訳されたが、原語をそのまま訳すると、「哲学的研究」が最も近いものとなる。日本語訳者がその表現を嫌い、「哲学研究」と訳したもので発表しようとしたものの、研究より探求のほうがよいのではないかと迷い、その結果まず研の文字だけ直したものが定着したという逸話を持つ。
2,497

回編集