「ピクォート」の版間の差分

編集の要約なし
m (→‎歴史: link)
17世紀初頭、ピクォート族の副酋長だった親英派の[[アンカス]](またはウンカス、Uncas)が、ピクォートから離れ[[モヒガン族]]を結成。
 
ピクォート族の[[サッサクス]](Sassacus)酋長はピクォート族とモヒガン族を支配したが、次第に両者は敵対し、ピクォート族は[[ニアンティック]]侵入するため南下、彼らの領域を[[コネチカット川]]にまで拡大していった。
 
[[イギリス]]から来た[[ピューリタン|清教徒]]の入植者はピクォート族の居近くに入植してきた。最初は平和な条約を結び、品物交換を行うなどしたりして平和に共存していたが、入植者はピクォート族住むテリトリーに領域へさらに入植していった。そしてピクォート族は[[ナラガンセット湾]]と[[コネチカット川]]に追い詰められている事にすぐに気付き、入植者とピクォート族との関係は悪化してった。
 
[[1636年]]7月20日、交易業者の[[ジョン・オルダム]]という1人の英国人入植者が殺害された際、後に犯人は英国人入植者と言われたが、入植者側はピクォート族に殺害されたと主張して犯人の引き渡しを要求した。ピクォート族は部族民による殺害を否定し、引き渡しには応じなかったため、入植者側はピクォート族の対応に納得せず、報復を決意する。
そして1人のイギリス人入植者が殺害された時に、殺しの犯人は実はピクォート族の者ではなくイギリス人入植者だったのに、ピクォート族に殺されたとして一方的に訴えられた時に、ピクォート族の怒りが頂点に達した。[[1636年]]に入植者側が殺した容疑者を差し渡せと要求したがピクォート族がそれに応じなかったため、翌年の[[1637年]]に入植者達はピクォート族と対立するモヒガン族と[[ナラガンセット族]]の援助を受け、ピクォート族の村を襲い、大勢のピクォート族を殺害し村を崩壊させた。これは'''[[ピクォート戦争]]'''と呼ばれ、600人居たうち、500人のピクォート族が殺された。生き残ったピクォート族の人達は2つのグループに別れて逃げた。[[ロングアイランド]]に逃げた部族の者と、Sassacus酋長によって導かれた者に別れたが、コネチカットの[[フェアフィールド (コネチカット州)|フェアフィールド]]近くで捕まり、殺されたり、または[[ニューイングランド]]や[[西インド諸島]]に[[奴隷]]として売られりされた。Sassacus酋長は逃げられたが[[モホーク族]]に捕えられて殺された。そしてピクォート族の土地は全てモヒガン族に占領された。
 
[[1637年]]、入植者側は、ピクォート族と対立するモヒガン族や[[ナラガンセット族]]の援助を受け、ピクォート族の村を襲撃した。村を破壊し大勢のピクォート族を虐殺した。これは'''[[ピクォート戦争]]'''と呼ばれ、村にいた600のピクォート族のうち、500人が殺害された。
 
生き延びたピクォート族は2つのグループに別れて逃走した。[[ロングアイランド]]へ向かった者たちと、Sassacus酋長によって導かれた者たちとに別れたが、コネチカットの[[フェアフィールド (コネチカット州)|フェアフィールド]]近辺で捕まり殺害されたり、[[ニューイングランド]]や[[西インド諸島]]に[[奴隷]]として売られたりした。Sassacus酋長自身も逃亡したが[[モホーク族]]に捕えられて殺害された。ピクォート族の土地はモヒガン族に全て占領された。
 
== 部族の現在 ==
 
植民地政府は僅かに生き残った少ないピクォート族のメンバーを[[ミスティック川]]沿いに強制移住させたが、ピクォート族彼らの人口は増えず、20世紀後期には約200人まで減少し、白人政府はこれピクォート族を[[絶滅部族]]とした。
 
[[1983年]]に部族員が再結集して、ピクォート族の連邦再認定を粘り強く要求。絶滅を取り消し再認定される。
 
[[1990年]]の時点で、679人のピクォート族が居て、現在でも南東部のコネチカット州の2ヶ所に居住している。ピクォート族系のマシャンタケット・ピクォート族(Mashantucket Pequot)が[[1992年]]コネチカット州の[[レッドヤード]]市に[[カジノ]]「[[フォックスウッズ|フォックスウッズ・カジノ]]」を建設し、ギャンブル産業を経営した。およそ10億ドル(1100億円)を上まる利益があり成功している。カジノ産業で得た利益は部族員の医療や教育や博物館などに使われ、ピクォート族の博物館を営んでいる。
 
== 外部リンク ==
18,960

回編集