「水原秋桜子」の版間の差分

lk調整
(→‎top: 画像追加)
(lk調整)
 
== 経歴 ==
[[東京市]]神田区猿楽町(現・[[東京都]][[千代田区]]神田猿楽町)に代々[[産婦人科]]を経営する[[病院]]の家庭に生まれる。[[獨逸学協会学校]](現在の[[獨協中学校・高等学校]])、[[旧制高等学校|第一高等学校]]を経て[[1914年]]に[[東京大学|東京帝国大学]][[東京大学大学院医学系研究科・医学部|医学部]]へ入学。[[血清]]学研究室を経て[[1918年]]同医学部卒業。[[1928年]]に[[昭和大学|昭和医学専門学校]]の初代産婦人科学教授となり、講義では産科学を担当、[[1941年]]まで務めた<ref>昭和医専の退職年は、『昭和大学五十年史』(学校法人昭和大学、1980年)の1カ所に昭和16年、もう1カ所に昭和17年と記されている。</ref>。また家業の病院も継ぎ、宮内省侍医寮御用係として多くの[[皇族]]の子供を取り上げた。
 
俳人としては、まず学生時代に[[渋柿派]]の[[緒方春桐]]から教えを請い、その後[[松根東洋城]]、さらにのち[[高浜虚子]]に師事し『[[ホトトギス (雑誌)|ホトトギス]]』に参加。1922年に[[富安風生]]、[[山口青邨]]らと[[東大俳句会]]を再興。『ホトトギス』時代には、写生を基礎としながら短歌的な叙情表現を導入して主観写生を樹立、[[山口誓子]]、[[阿波野青畝]]、[[高野素十]]とともに『ホトトギス』の「四S」(よんエス)と呼ばれ、同誌の黄金時代を築いた。しかしやがて客観的写生を堅持する虚子とそれを支持する素十と対立し、1931年に主宰誌『[[馬酔木 (雑誌)|馬酔木]]』に「『自然の真』と『文芸上の真』」(昭和6年10月号)を発表し『ホトトギス』から独立。これをきっかけにして青年層を中心に反伝統、反ホトトギスを旗印とする[[新興俳句]]運動が起こった。