「伏見街道」の版間の差分

編集の要約なし
'''伏見街道'''(ふしみかいどう)は、[[豊臣秀吉]]が[[伏見]]と[[京都]]([[五条通|五条]])の間に造った[[街道]]。[[東福寺京街道|大坂街道]]および[[伏見稲荷大社奈良街道]]の前を通り、伏見に到る。現在は[[京阪本線]]がほぼ並行してい一部でもある。
[[東福寺]]、[[伏見稲荷大社]]の前を通り、伏見に到る。現在は[[京阪本線]]が並行している。
 
途中の藤森付近で'''大津街道'''と分岐している。