メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
[[2010年]]([[平成]]22年)3月に、大石峠の直下を貫く[[山梨県道719号富士河口湖芦川線]]の[[若彦トンネル]]が開通した。
 
[[作家]]の[[井伏鱒二]]は昭和初年から山梨県を頻繁に訪問し、山梨を題材にした作品もおおい。井伏は全国各地の街道を探訪する紀行文『七つの街道』において若彦路を巡り、[[1956年]]([[昭和]]31年)12月に『別冊文芸春秋』第55号に掲載された(井伏「甲斐わかひこ路-古事記からオネストジョンまで-」)として発表している。単行本は[[1957年]](昭和32年)刊行。
 
== 脚注 ==
15,506

回編集