メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
玄瑞の死後、彼の遺稿や、文に宛てた書簡21通をまとめて「涙袖帖」<ref>この題は、[[赤穂浪士]]の一人・[[小野寺秀和|小野寺十内]]が討ち入り後の細川家預かりの身の時に妻・丹と交わした書簡をまとめた「涙襟集」に由来している(『物語 幕末を生きた女101人』33頁)。</ref>と題したのは次姉・寿の夫であった小田村伊之助だった。伊之助は22歳にして未亡人となった文の境遇を憐れみ、その身を案じている<ref>慶応元年 楫取素彦書簡</ref>。この間、文は藩世子[[毛利元徳|毛利定広]]正室・安子の女中、およびその長男[[毛利元昭|興丸]]の守役を勤めており、また美和の名もこの頃から使い始めている。
 
[[1876年]](明治9年)より楫取素彦は群馬県令となるが、その妻であり文の実姉である寿は中風症に罹っていたため、文がしばしば楫取家に出入りし素彦の身辺の世話や寿の看病、家政全般を取り仕切っていた。
 
[[1881年]]([[明治]]14年)1月30日、次姉の寿が[[胸膜炎]]を併発し43歳で死去。2年後の[[1883年]](明治16年)、文は楫取素彦(小田村伊之助)と再婚するが、これには素彦の身辺と二人の孫の行く末を案じた母・瀧子の勧めがあった<ref>木俣秋水『吉田松陰をめぐる女性たち』159頁</ref>。
31

回編集