「心意六合拳」の版間の差分

m
リンク、カテゴリの読み修正
m (Category:中国武術、無用な改行とる)
m (リンク、カテゴリの読み修正)
'''心意六合拳'''(しんいりくごうけん)は[[中国武術]]の一つで内家拳に分類される、
中国[[河南省]]に在住するイスラム教を信仰する人々([[回族]])の間で発展した武術である。
 
その技法構成は、十大形([[龍形拳]][[虎形拳]][[猴形拳]][[馬形拳]][[鶏形拳]][[鷂形拳]][[燕形拳]][[蛇形拳]][[鷹形拳]][[熊形拳]])と呼ばれる
動物の意と外形を模した1010種類の単式で練習される[[象形拳]]と、[[四把捶]]などの数種の連環[[套路]](系統によっては四把捶のみである。)、[[双節棍]]などの数種の武器術から成っている。
四把捶などの数種の連環套路(系統によっては四把捶のみである。)、双節棍などの数種の武器術から成っている。
 
河南省伝来のものは'''心意六合拳'''と呼ばれ、[[山西省]]伝来のものは'''戴氏六合心意拳'''と呼ばれる。
どちらも、民族の身体的な特徴を反映しているため、相違する部分も多数ある。大きな相違点としては、イスラム教を信仰する回族の心意六合拳は[[]]底に鉄板を仕込むこともるほど現実的で、戦乱での利用価値が高い。六合心意拳は戦乱での利用よりも市街地での戦闘に長けているため、[[意拳]][[太極拳]][[形意拳]]へ強い影響を与えている。
 
[[Category:中国武術|けいしんりくこうけん]]
{{stub}}