「広瀬久忠」の版間の差分

lk調整
(lk調整)
山梨県立[[日川中学校]](現在の[[山梨県立日川高等学校]])、[[第一高等学校 (旧制)|第一高等学校]]を経て[[東京大学|東京帝国大学]][[法学部]]を1914年(大正3年)7月に卒業、[[文官高等試験]]に合格し[[内務省 (日本)|内務省]]に入省し、[[千葉県]]属を振出しに、1917年(大正6年)5月に[[岐阜県]]警視、1918年(大正7年)10月に同理事官、1919年(大正8年)8月に[[警視庁]]理事官、1923年(大正12年)3月に警視庁警視、同年10月に[[滋賀県]]警察部長、1924年(大正13年)5月に内務省社会局書記官、同年12月に[[福井県]]内務部長、1925年(大正14年)10月に内務省復興局書記官、1929年(昭和4年)5月に[[東京市]]助役、1930年(昭和5年)8月に[[東京府]]内務部長となる。
 
その後、1931年(昭和6年)12月に[[三重県知事一覧|三重県知事]]、1933年(昭和8年)6月に[[埼玉県知事一覧|埼玉県知事]]となり、1934年(昭和9年)7月に内務省土木局長、1936年(昭和11年)3月に社会局長官、同年6月に[[内務次官]]、1938年(昭和13年)1月に[[事務次官等の一覧#厚生労働事務次官|厚生次官]]を務めている。なお、これらと並行して[[対満事務局]]および[[企画院]]の[[参与]]も務めた。
 
[[1939年]](昭和14年)1月の[[平沼内閣]]においては[[厚生省|厚生大臣]]<ref>広瀬久忠の厚生大臣就任は、山梨県出身者による初の大臣就任となった。</ref>となり、翌[[1940年]](昭和15年)1月の[[米内内閣]]においては[[内閣法制局長官]]となり同年5月には[[貴族院 (日本)|貴族院議員]]に勅選されている。また、1941年(昭和16年)12月に[[産業設備営団]]副総裁、1942年(昭和17年)11月には同営団の総裁に就任している。
}}
{{Succession box
| title = {{flagicon|JPN}} [[事務次官等の一覧#内務次官|内務次官]]
| years = 第40代:1937年
| before = [[篠原英太郎]]
166,809

回編集