「鍋島直泰」の版間の差分

編集の要約なし
'''鍋島 直泰'''(なべしま なおやす、[[1907年]]([[明治]]40年)[[10月3日]] - [[1981年]]([[昭和]]56年)[[5月1日]])は旧[[佐賀藩]]主・[[鍋島氏|鍋島家]]の13代当主。12代[[鍋島直映|直映]]の嫡男。母は禎子([[黒田長知]]の娘)。[[学習院]]・[[東京大学|東京帝国大学]]を卒業、[[宮内省]]式部官を務めた後、[[1943年]](昭和18年)に家督を相続・[[侯爵]]を襲爵し[[貴族院議員]]となり、貴族院の廃止までその任にあった。
 
名ゴルファーとして知られ、1933年から1935年の[[日本アマチュアゴルフ選手権競技|日本アマチュア選手権]]に3連覇、1ラウンドで2度ホールインワンを記録するなどの記録で知られる。また、蝶の研究・収集などでも有名。
匿名利用者