「ノート:刺激惹起性多能性獲得細胞」の版間の差分

→‎名称変更の提案: みなさん、コメントありがとうございました。
(→‎名称変更の提案: みなさん、コメントありがとうございました。)
{{コメント}} すぐ上でジャコウネズミ様が記事内容について提言をされており、現在の記事内容が細胞よりも論文に軸を置いた構成になっていることから、MEGEVAND様のような提案があっても仕方ないとは思います。特に現状の外部リンクは以前存在した「[[ノート:STAP研究と騒動の経過|STAP研究と騒動の経過]]」から移設されたものであり、学術的な記事の内容としては不相応になっているでしょう。また、学術的なSTAP細胞提唱の意味合いや問題点について、クローン研究との兼ね合いやそれに伴う倫理的問題、全能性細胞、等といった観点が「{{Cite journal|和書|author=粥川準二|title=STAP細胞事件が忘却させたこと|journal=現代思想|volume=42|number=12|year=2014|month=8|pages=84-99|url= http://ci.nii.ac.jp/naid/40020275439/ }}」に述べられています。記事の棲み分けのために、騒動に関する記事の立項のみならず、本記事のブラッシュアップも必要かもしれません。--[[利用者:Assemblykinematics|Assemblykinematics]]([[利用者‐会話:Assemblykinematics|会話]]) 2014年12月31日 (水) 01:15 (UTC)
:: 「論文」の話は「STAP細胞はなにか」の本質を説明する上で不可欠の要素であって、学術的なSTAP細胞の説明の一環と捉えるべきでしょう。研究倫理の話は微妙ですが、これは研究所の運営の話と一緒に「騒動の背景」として述べるのが収まりが良いように思います。いずれにせよ、本記事の中心に来るのが「騒動」ではなく「細胞」であることは既に合意が形成されていると見てよいでしょう。従って、改名提案としては、積極的な賛同者はおらず却下ということでいいように思います。--[[利用者:Kojidoi|Kojidoi]]([[利用者‐会話:Kojidoi|会話]]) 2014年12月31日 (水) 01:41 (UTC)
 
みなさん、ご意見ありがとうございました。当節より直近の節に同様の議論がなされていたことを事前にチェックしておりませんでした。同じようなことを蒸し返してしまい申し訳ございませんでした。
 
なお私は科学には疎く、今回の騒動やSTAP細胞について「素人」あるいはいわゆる「一般人」の視点から思うところを述べますと、結局この細胞を理研が「なかった」といっているのであるから、「STAP細胞」自体が架空のもので、本記事ページに書かれていること自体が「意味のないもの」だったのではないか、ということです。ですので、この細胞についての記事自体が「絵空事」でしかないような感覚を覚えました。
 
[[利用者:Kojidoi|Kojidoi]]様がおっしゃったような、本記事は「STAP細胞」についてものである、というのはどういうことでしょうか。「STAP細胞」というアイデア自体についての説明が本記事でなされている、ということでしょうか。STAP細胞そのものはない、というのが現時点での理研の公式発表だが、そのアイデア自体は否定されるものではないということでしょうか。それとも、「[[麒麟]]」「[[ユニコーン]]」「[[鵺]]」といった架空の生物についての記事があるように、架空の細胞である「STAP細胞」についての記事があるという理解でよろしいのでしょうか?
 
科学に精通された方々には、失笑を買われているかもしれませんが、一般的な読者からすれば以上のような疑問なり理解をもっておるということで、その点を今後の本記事を含め関連記事の執筆や改訂にご参考にしていただければ幸いです。
 
また、以上述べたようなところから出た改名提案ですので、皆様から見て「やはり」不適切な提案であれば、提案取り下げいたします。[[利用者:ジャコウネズミ|ジャコウネズミ]]様のご提案に対しましても、果たして上記に書いたようなことで草案作成に私が参加しても良いのかわかりかねますので、またお返事お待ちしております。
 
以上、よろしくお願いいたします。--<span style="font-family: noteworthy; times;">[[User:MegevandBesancon|MEGEVAND]] <small>([[User talk:MegevandBesancon|会話]])</small></span> 2015年1月1日 (木) 09:15 (UTC)
7,228

回編集