「小沢グループ」の版間の差分

編集の要約なし
}}</ref>。
 
政策的にはかつては右派的、新自由主義的なものが多かったが小沢の政策の変化に加え新人議員の取り込みの過程で様々な立ち位置の議員が所属したことからそういった傾向は薄れていった。{{独自研究範囲|小沢同様、政策よりも選挙や政局に向けて自民党との対立軸重視鮮明にする傾向があり|date=2014年12月}}政策重視対案路線を掲げる[[凌雲会|前原グループ]]や[[花斉会|野田グループ]]とは対立することが多かった。
 
ここに挙げたグループのメンバー以外にも小沢の影響下にある議員は多数存在し、特に第21回参議院議員通常選挙と第45回衆議院議員総選挙で初当選した議員の多くは俗に[[小沢チルドレン]]とマスメディアで呼ばれた。
[[2011年]](平成23年)12月21日、小沢を支持する三つのグループが勉強会「[[新しい政策研究会]]」を発足させた<ref>{{cite news |language = | author = | url =http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111222-OYT1T00238.htm| title =小沢G統合勉強会、106人で消費増税けん制| publisher =| date= 2011-12-22| accessdate =2011-12-22}}</ref>。2011年12月、小沢を支持する[[内山晃]]ら9人の民主党所属の議員が「[[新党きづな]]」を結成して集団離党する。さらに[[2012年]](平成24年)7月、当の小沢が計48人の議員を率いて民主党を集団離党して新党「[[国民の生活が第一]]」を結成した。新党結成後も一部の議員は民主党内に残ったが、この時点で民主党内の小沢系グループは事実上消滅したとされる。
 
その後、相次ぐ国政選挙で小沢系の議員が所属する政党が議席を減らすなど小沢の求心力の衰えが指摘されている。
その後、2012年11月、国民の生活が第一は実質的な先発隊となった新党きづなを吸収合併したうえで解党し、嘉田由紀子が結成した[[日本未来の党]]に合流。小沢らは2012年12月16日投開票の[[第46回衆議院議員総選挙]]で野党として民主党と争うこととなった。しかし、この選挙で未来の党は保持していた61議席から9議席まで議席を減らす惨敗を喫した。選挙後、嘉田派・小沢派の主導権争いが激化し、日本未来の党は分党、小沢は[[生活の党]]を立ち上げた。しかし、2013年7月の[[第23回参議院議員通常選挙]]でも小沢の生活の党は議席を大きく減らし、2014年12月14日投開票の[[第47回衆議院議員総選挙]]を前に[[鈴木克昌]]・[[小宮山泰子]]といった生活の党の一部議員・党員は民主党に復党、[[太田和美]]・[[木内孝胤]]といった生活の党の一部党員は[[維新の党]]に入党するなど小沢の求心力の衰えが指摘されている(尚、鈴木と小宮山が民主党に復党する際に小沢が「みんなの好きなようにしなさい。生き残れるような道を選びなさい」と了承を得ている。)。
 
2011年(平成23年)に発足した[[21世紀国家ビジョン研究会]](小沢鋭仁グループ)と区別する為、小沢一郎グループとも呼ばれる。
|accessdate=2010-10-08
|language=日本語
}}</ref>。グループ名は自由党のスローガンであった「日本一新」に由来する。国会会期中は毎週木曜日に定例会を開催し、それ以外でも多くの勉強会を開催した。{{独自研究範囲|結束力の強い|date=2014年12月}}旧自由民主出身小沢支持他のグループと比較すると同様、緩やかな繋がりにすぎず、議員によって小沢との距離に大きな差があるが、[[マスメディア|マスコミ]]には他の小沢グループと一括して扱われることがあった。[[民社協会|川端グループ]]や[[政権公約を実現する会|鳩山グループ]]に所属する議員も多かった。
 
[[2004年]](平成16年)9月と[[2006年]](平成18年)9月に、[[箱根町|箱根]]で、地方議員や各地の後援者を含めた全国研修会を開いた。
872

回編集