「ダンテズ・ピーク」の版間の差分

結局ハリー達は撤収する事になる。その前夜、レイチェルが[[蛇口]]を捻ると、蛇口から茶褐色に澱んだ液体が出てきた。街の給水所に向かうと、そこは[[硫黄]]の臭いに満たされていた。ハリーは慌ててポールを叩き起こし、蛇口から出てくる茶褐色の水を見せた。ダンテズ・ピークの異常な兆候を掴んだ調査チームは、[[州兵]]の出動を要請した。
 
翌日、保安官は街の住人に、[[高校]]の体育館で説明会を開くと告知し、レイチェルもハリーも町の人間も誰もが緊張した面持ちで説明会に参加した。レイチェルに促されてハリーが説明をしようとした矢先、大きな地震が町を襲い、慌てて外に出てダンテズ・ピークを見上げると山は頂上から噴煙を上げて噴火し始めていた
 
体育館に集まった住人たちはパニックとなり逃げ惑う。レイチェルとハリーは、ローレンとグレアムを助けにレイチェルの家に向かうが、子供たち二人はルースを助けようと車で山中に向かっていた。ハリーたちも後を追いかけ命からがらでルースの家に着き、5人は流れ出した溶岩からボートで湖上に逃れるが、ボートは強い酸性化した湖水によって溶け出し沈み始めた。
 
ルースの体を張った働きで�なんとか岸までたどり着くことができたものの、ルースは命を落としてしまう。悲しみを振り切り、残った4人は車でふもとの街まで降りてきたが、そこはすでに住人も州兵も退去した後で、廃墟のようになっていた。ハリーはNASAの発信機だけを車に積み街を脱出しようとするが、その時、山体が崩壊するほどの大爆発がおきる。同時に火砕流が発生し、森と建物を次々と飲み込みながら車で逃げるハリーたちへ迫ってきた。
 
間一髪で廃坑に車が突っ込み、奇跡的に助かるが、瓦礫に埋まり4人は廃坑に閉じ込められてしまった。ハリーは車に積んでいたNASAの発信機を動かそうとするが、瓦礫が崩れてきて車内で動きがとれなくなってしまう。しかしスィッチを入れることに成功した。
 
== キャスト ==
188

回編集