「アブラージュ・アル・ベイト・タワーズ」の版間の差分

編集の要約なし
アブラージュ・アル・ベイト・タワーズは、601m、260m、260m、250m、250m、240m 、240mの7つの超高層ビルからなる複合施設である。240m(42階建て)の2棟は[[2007年]]と[[2008年]]に先行して開業しており、2012年に全てのビルが竣工し、完全に開業した。
 
一番高い'''ホテル棟'''の高さは601mであり、[[サウジアラビア]]初となる500m以上の[[超高層ビル]]である。完成時点で[[台北市]]の[[台北101]]を抜いて、[[ドバイ]]の[[ブルジュ・ハリーファ|ブルジ・ハリーファ]]に次ぐ世界で2番目に高い超高層ビルで、ブルジ・ハリーファ (828m) と[[東京スカイツリー]] (634m) に次ぐ世界3番目に高い[[自立式建築物|自立式建造物]]となった。
 
延べ[[床面積]]は150万平方メートルに及ぶ。かつて長く世界記録を保持していた[[オランダ]]の[[アールスメール花市場]](99万m²)よりも51万平方メートルも大きく、2008年10月にオープンし単一の構造物として世界一の床面積となっていた[[ドバイ国際空港]]のターミナル3(118万m²<ref>英語版には1,713,000 m² とある。拡張されたか、118万m²が間違っている可能性あり。</ref>)をも凌ぎ、世界一の床面積となった。2013年7月には、[[新世紀環球中心]] ([[:en:New Century Global Centre|en]]. 1,760,000&nbsp;m²) が[[成都市]]で開業したことで、単一ビルの床面積世界最大の座は譲ることとなった。
484

回編集