差分

無脊椎動物

1,620 バイト追加, 2 年前
一部加筆・整理
<div class="thumbcaption" style="width:300px;">''Invertebrata''</div>
</div>
'''無脊椎動物'''(むせきついどうぶつ)とは、[[脊椎動物]]以外の[[動物]]のことである。すなわち[[背骨]]、あるいは[[脊椎]]を持たない動物をまとめて指すもので、[[ジャン=バティスト・ラマルク]]が命名したInvertebrataの訳語である(Vertebrataは脊椎動物)。脊椎動物以外の後生動物(多細胞動物)のみを指して使われることもあるが<ref name=jiten/>、伝統的には[[原生動物]]をも含むこともある<ref name=shirayama/>
 
詳しく言えば[[無顎類]]、[[魚類]]、[[両生類]]、[[爬虫類]]、[[鳥類]]、[[哺乳類]]以外の動物といってもよい。また、より日常的な言い方をするなら、獣、鳥、両生爬虫類、そして魚を除いた動物で、日本でかつて「蟲」と呼ばれたもののうち両生爬虫類を除いたすべてのものと言ってもよく、[[ホヤ]]、[[カニ]]、[[昆虫]]、[[貝類]]、[[イカ]]、[[線虫]]その他諸々の動物が含まれる。
脊椎動物には、[[口]]や[[目]]を備えた頭部を持ち、"赤い血"([[ヘモグロビン]]を含む[[血液]])を持つという、わかりやすい特徴がある。古代~近世では、血がある/血が無い という差のほうに重きを置いて認識されていた。
 
古代ギリシアの[[アリストテレス]]は『[[動物誌 (アリストテレス)|動物誌]]』において、動物の大分類として有血動物》/《」「無血動物を提示し、無血動物として有殻類・昆虫類・甲殻類・軟体類を挙げた。動物はいわゆる「血」(赤い血)を骨(脊椎も含む)において作っており、脊椎が無い動物は一般に「血」(赤い血)は無いという関係になっているので、結局のとろ、アリストテレス提示した分類枠区別、(呼称面では、遥か後の時代にラマルクの造語「Invertebrate 脊椎動物・無脊椎動物」によって大きく変化したもの)その内容区別しては、現在でもおおむねそのまま残っているのであほぼ一致す<ref name=holland/>
 
近世・近代になって[[リンネ]]によって、「哺乳綱」「鳥綱」「両生綱」「魚綱」と、「昆虫綱」「蠕虫綱」という分類がおこなわれた。脊椎動物以外の動物を「無脊椎動物」として大別する分類は、上記の通り、ラマルクに依る。
このような経過は、[[植物]]における[[顕花植物]]と[[隠花植物]]の関係によく似ている。歴史的にも平行的である。
 
;=== 現在の扱い ===
「無上記のように、脊索動物門の1亜門でしかない脊椎動物、数十の動物門に含まれる他のすべての動物を対置して区別するのは、含まれる種や分類群の数の面で動物を適切に二分することにはならな<ref name=shirayama/><ref name=holland/>。無脊椎動物の枠組みは[[単系統群頭索動物]]と[[尾索動物]]は他の無脊椎動物よりも脊椎動物に近縁なのある、無脊椎動物門を除いた[[側は単系統群]]ありはなく、系統関係無視反映した人為性の強い類群としけ方ではない<ref name=jiten/><ref name=holland/><ref name=nishikawa/>。また伝統的に無脊椎動物に含まれ[[きた原生動物は、動物界ではなく原生生物界に分類学]]におけされてい<ref name=shirayama/>。そのような的重要性題点低下しあるものの、無脊椎動物という語は便宜的に広く使われ<ref name=jiten/>、教科書や大学の講義も脊椎動物・無脊椎動物に分かれていることが多い<ref name=holland/>
 
もっまた動物学者ピーター・ホランドは、系統関係や種数を反映していないいう問題を認めつつも、学問脊椎動物は「大きな体、高効率な血液循環系、動的な分野[[骨格]]、複雑な[[脳]]、保護働く[[頭蓋]]、そして精緻な[[感覚器]]」とった特徴の複合によっも、分類群動物は一線表す単位と、遺的に表示されている。たとえば、も2度の全[[外肛動物ゲノム]]重複によって多く研究者は「無脊椎動物[[遺伝子]]専門持つする」と表記される場合いう差異がある。[[図鑑]]等の分冊でもことから脊椎動物・無脊椎動物でまとの区分に一定の意味を認る例が多る<ref name=holland/>
 
[[初等教育]]における素朴な[[動物]][[分類]]法としても、今も使われている。たとえば、幼児向きの教科書には、獣・鳥・魚・昆虫等の混在した図を提示し、「これらの動物を2種類に分けましょう」という問題が載っていることがある。問題の意図としては脊椎動物・無脊椎動物の分類を期待している。[[理科]]の教育課程では、中学生向けの教材でこの分類法を用いている。=== その点、植物における「隠花植物」がほぼ[[死語]]になったのとは大きく異なっている。他 ===
人間に近いと認識される動物は脊椎動物にまとめられるため、無脊椎動物は「異様」な印象や「不思議」な印象を与えるものが多いことになる。若い女性で無脊椎動物が苦手な人は多い<ref name=toyama/>。
 
;その他== 出典 ==
人間に近いと認識される動物は脊椎動物にまとめられるため、無脊椎動物は「異様」な印象や「不思議」な印象を与えるものが多いことになる。若い女性で無脊椎動物が苦手な人は多い<ref>1991年に、ある教員が、富山大学教育学部<u>幼稚園教員</u>養成課程の学生を対象に、動物体験実習を実施した結果、「学生たちは家畜に比して野生動物が、特に無脊椎動物が苦手ないし嫌いであること、鳥類も比較的苦手であることが判明した」と述べた。(出典『東京大学 大学院紀要』第36巻、第1号、p.655)</ref>。{{Reflist|refs=
<ref name=shirayama>{{cite book |和書 |author=白山義久 |chapter=総合的観点からみた無脊椎動物の多様性と系統 |title=無脊椎動物の多様性と系統 |series=バイオディバーシティ・シリーズ5 |editor=白山義久(編集) |others=岩槻邦男・馬渡俊輔(監修) |page=2 |publisher=[[裳華房]] |isbn=4785358289 |year=2006 |edition=第6版}}</ref>
<ref name=holland>{{cite book |和書 |last=ホランド |first=ピーター |title=動物たちの世界 六億年の進化をたどる |series=科学のとびら56 |translator=西駕秀俊 |year=2014 |origyear=2011 |publisher=[[東京化学同人]] |isbn=9784807912964 |pages=98-102}}</ref>
<ref name=nishikawa>{{cite book |和書 |author=西川輝昭 |chapter=無脊椎動物・脊椎動物と脊索動物 |title=無脊椎動物の多様性と系統 |series=バイオディバーシティ・シリーズ5 |editor=白山義久(編集) |others=岩槻邦男・馬渡俊輔(監修) |page=256 |publisher=裳華房 |isbn=4785358289 |year=2006 |edition=第6版 }}</ref>
;出<ref name=jiten>{{cite book |和書 |chapter=無脊椎動物 |title=生物学辞|publisher=東京化学同人 |year=2010 |editor=石川統・黒岩常洋・塩見正衛・松本忠夫・守隆夫・八杉貞雄・山本正幸(編) |isbn=9784807907359 |page=1259}}</ref>
<referencesref name=toyama>1991年に、ある教員が、富山大学教育学部幼稚園教員養成課程の学生を対象に、動物体験実習を実施した結果、「学生たちは家畜に比して野生動物が、特に無脊椎動物が苦手ないし嫌いであること、鳥類も比較的苦手であることが判明した」と述べた。(出典『東京大学 大学院紀要』第36巻、第1号、p.655)</ref>
}}
== 関連項目 ==
*[[鶴岡市立加茂水族館]]
*[[京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所水族館|京都大学白浜水族館]]
 
[[Category{{デフォルトソート:無脊椎動物| ]]むせきついとうふつ}}
[[Category:無脊椎動物|*]]
17,788
回編集