「高安動脈炎」の版間の差分

*: 新しい検査として[[ペントラキシン]]-3が、疾患活動性の指標として有用である可能性が報告されている。<ref>Dagna L et al.Pentraxin-3 as a Marker of Disease Activity in Takayasu Arteritis.Ann Intern Med. 2011 Oct 4;155(7):425-33.</ref>
*血管造影
*:[[カテーテル]]を動脈内に挿入し、造影剤を注入して検査を行う。大・中動脈の狭窄、閉塞、拡張、[[動脈瘤]]や石灰化の程度を評価できる見られること、大動脈炎の診断そのあるのには寄与しない。検査と同時に血管内治療を行うことができるメリットがある。
*[[コンピュータ断層撮影|CT]]、[[核磁気共鳴画像法|MRI]]
*:造影剤を用いた検査は本症の診断にきわめて重要であり、ダイナミック造影と呼ばれる手技を用いることで、動脈の狭窄程度なども評価できる。
*:動脈造影は本症の診断にきわめて重要ではあるものの、動脈造影にみられるような血管の狭窄がみられるようになってしまうともはや疾患は進行している事を示しており、そこから治療をおこなっても狭窄が治るわけではない。近年の画像診断技術の発達により、本症が血管の狭窄を来たす以前に炎症性の血管壁肥厚をきたすことが、CT、MRIで早期に検出できる様になってきた。
*CTアンジオグラフィー、MRアンジオグラフィー
*:造影・非造影MRIや造影CTの情報を三次元的に再構成したMRA(MRアンジオグラフィ)およびCTA(CTアンジオグラフィ)で、血管造影より精度は劣るものの同様の効果を得ることが出来る。
*:近年の画像診断とコンピュータの融合は目覚しく、その最たるものがCT情報を三次元的に再構成した[[コンピュータ断層撮影#技術革新|3DCT]]である。これを用いて大動脈を三次元的に再構築する事により、動脈造影のメリットとCTのメリットの双方が得られ、本症の診断に当たって大変有用である。また従来よりMRA(MR angiography)も施行されている。MRIでは血管肥厚のみならず、[[浮腫]]性変化から[[炎症]]所見を得ることができる。
*[[PET-CT]]
*:{{独自研究範囲|date=20142015年1月|通常FDG(フルオロデオキシグルコース、陽電子放出フッ素で標識されたグルコース類似体)を用いた[[ポジトロン断層法 |PET]]はあまり役立たないのではないか高集積部位思われる。PET-CTではして炎症部位見るとが出来るが、炎症が狭い範囲に限局している大血管壁場合脈硬化性の炎症所見をみるこ鑑別困難である。PET-CTではFDGの高集積範囲を精細に評価できると考えため、炎症が動脈壁か周囲組織に波及しているが、まだ実際場合には大動脈炎経験数診断少なくはっき容易であしたことは言えない、炎症範囲の評価にも有用である。}}
 
== 診断 ==
2

回編集