「上野陽一」の版間の差分

Infobox scientist
(→‎外部リンク: ISNI=0000000084217303)
(Infobox scientist)
{{Infobox scientist
|name= 上野陽一
|image =
|image_width =
|alt =
|caption =
|birth_name=
|birth_date= {{生年月日と年齢|1883|10|28|no}}
|birth_place = 東京市
|death_date= {{死亡年月日と没年齢|1883|10|28|1957|10|15}}
|death_place =
|death_cause =
|residence = {{JPN1889}}]<br />[[東京市]][[麻布区]]<ref>『会員氏名簿』[[学士会]]。(1935年)より遡及入力。</ref>
|citizenship =
|nationality =
|field = 心理学
|workplaces= 日本産業能率研究所
|alma_mater= 東京帝国大学
|doctoral_advisor=
|academic_advisors =
|doctoral_students =
|notable_students=
|known_for =
|influences=
|influenced=
|awards=
|signature =
|signature_alt =
|footnotes =
}}
'''上野陽一'''(うえのよういち、[[1883年]][[10月28日]] - [[1957年]][[10月15日]])は[[日本]]の[[経営学]]者、[[心理学|産業心理学]]者。[[自由が丘産能短期大学|産業能率短期大学]]の創始者。[[フレデリック・テイラー]]による[[科学的管理法]]を「'''能率学'''」と名付け邦訳し、日本における経営学の端緒を開き「'''能率の父'''」と呼ばれる。[[位階]][[勲等]]は[[正四位]][[勲二等瑞宝章|勲二等]]。
 
== 経歴 ==
東京出身。[[1903年]]、[[東京帝国大学]](現在の[[東京大学]])文学部哲学科に選科生として入学。[[心理学]]を専攻し、[[1907年]]に本科生となり[[1908年]]に卒業する。
 
その後、心理学研究から産業能率、科学的管理法の研究者となる。さらに[[アメリカ合衆国|アメリカ]]から[[マネジメント]]思想と技術を導入、産業界に紹介し、日本最初の[[経営コンサルタント|マネジメント・コンサルタント]]と言われる実績を残した。
*[http://www.sanno.ac.jp/founder/index.html 創立者上野陽一(産業能率大学)]
 
==脚注==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
{{学校法人産業能率大学}}
{{Normdaten|CINII=DA01183245|LCCN=n/85/382696|ISNI=0000000084217303}}
匿名利用者