「権助」の版間の差分

編集の要約なし
'''権助'''(ごんすけ)は[[落語]]に登場する架空の人物小僧の[[定吉]]と並ぶ、古典[[落語]]出てく登場する奉公人のキャラクターである。主に江戸落語で主に登場する<ref name="a">『落語古典語典』 94頁。</ref>。
 
元々「権助」という名前は個人名というより、地方出身の商家の使用人特に飯炊き専門に雇われた男<ref>『落語国・紳士録』 171頁。</ref>の総称で、職業名を示す[[普通名詞]]だった。<br />この落語に出てくる権助も、多くは地方から江戸に上京してきた田舎者で、奉公先の家の人々の間活躍す飯炊きや、下男をしてい[[脇役]]である<ref name="b">『落語登場人物辞典』 67頁。</ref>
== キャラクター ==
=== 性格 ===
元々「権助」という名前は個人名というより、地方出身の商家の使用人(特に飯炊き専門に雇われた男<ref>『落語国・紳士録』 171頁。</ref>)の総称で、職業名を示す[[普通名詞]]だった。<br />この権助も、奉公先の家の人々の間で活躍する[[脇役]]である<ref name="b">『落語登場人物辞典』 67頁。</ref>。
 
== プロフィール ==
[[田舎]]の出身で、非常にまじめな性格でもあり、「奉公人が三日たたないうちに逃げ出す」という人使いの荒い家で3年間勤め上げたことがある<ref name="b"/>。
田舎者のステレオタイプとして描かれる。江戸時代に[[田舎]]の典型とされた[[信州]]の出とする演出が多い。
<!-- 一人称は「おら」の場合が多い。頭が回り、おまけに弁の立つ知恵者。あまりなめてかかると、かえってえらい目にあうことが多い。村にいた時分は芝居に出ていたららしく、「代役」として舞台に出て大失敗をやらかした事も。商家の、旧弊でせせこましい習俗をニヒルに茶化し、あざ笑う一種の批判者として登場している。何のかんのと言いつつ、主への忠誠は非常に高い。 -->
<!-- === 職業 ===
【性格】の項でも書いたが、商家のご飯たきが仕事
 
[[田舎]]の出身一人称は「おら」。性格は朴訥で、非常頭がぶく、気が利かない。一方で辛抱強くまじめな性格で、主人には忠実でもあり、「奉公人が三日たたないうちに逃げ出す」という人使いの荒い家で主人に3年間勤め上げたことがある通す<ref name="b"/>。
ただし、「言われればなんでもこなす」のがモットーのようで、主に「飯炊きだけやっていればいい」と言われたときはこんな言葉で反論している。
 
地元では村芝居の人気役者だったり、村相撲の強豪だったりする。お洒落をするときは手織り木綿の羽織を着て、自慢の熊の皮のたばこいれを持つ([[木乃伊取り]])。
「仮にここな家へ泥棒が入って、暴れたとき俺ぁ飯炊きだから、飯を炊くために台所にはいつくばっているわけにはいかんべ?」
 
<!-- 一人称は「おら」の場合が多い。頭が回り、おまけに弁の立つ知恵者。あまりなめてかかると、かえってえらい目にあうことが多い。村にいた時分は芝居に出ていたららしく、「代役」として舞台に出て大失敗をやらかした事も。商家の、旧弊でせせこましい習俗をニヒルに茶化し、あざ笑う一種の批判者として登場している。何のかんのと言いつつ、主への忠誠は非常に高い。 -->
<!-- 【性格】の項でも書いたが、商家のご飯たきが仕事
 
ただし、「言われればなんでもこなす」のがモットーのようで、主に「飯炊きだけやっていればいい」と言われたときはこんな言葉で反論している。
 
「仮にここな家へ泥棒が入って、暴れたとき俺ぁ飯炊きだから、飯を炊くために台所にはいつくばっているわけにはいかんべ?」-->
=== 家族 ===
* 実家は[[信州]]。
* 田舎の分限者(金持ち)の二・三男坊であり、精神修養のために江戸へ来ている。-->
 
== 主な登場作品 ==
*『[[化け物使い]]』<ref name="c"/>:凄まじく人使いの荒い隠居のところへ奉公する。
*『[[一つ穴]]』<ref name="c"/>::主の浮気を手伝わされ、主のかみさんに攻め立てられる。
*『[[木乃伊取り]]』<ref name="c"/>:遊郭に入り浸って帰ってこない若旦那を、権助が連れもどしに行く。
*『和歌三神』<ref name="c"/>:主と雪見に出かける。
<!--=== 脇役として登場する噺 ===
匿名利用者