メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
[[ファイル:Katori Motohiko and Miwako.jpg|thumb|300px|楫取素彦(前列中央)・美和子(向かって右隣)ほか]]
 
'''楫取 美和子'''(かとり みわこ、[[天保]]14年([[1843年]])<ref name="seinen"/> - [[1921年]]([[大正]]10年)[[9月7日]]<ref>『平成新修旧華族家系大成』上巻 440頁</ref>)は、[[江戸時代]]末期([[幕末]])から大正時代にかけての女性。幕末の思想家・[[吉田松陰]]の妹。松陰門下の秀才・[[久坂玄瑞]]に嫁いだが、[[禁門の変]]で久坂が自害して未亡人となる。後に実姉の元夫で[[群馬県知事一覧|群馬県令]]や[[貴族院 (日本)|貴族院]]議員を歴任した[[楫取素彦]]と再婚してこれを支えた。旧姓名は'''杉 文'''(すぎ ふみ)。
 
== 生涯 ==
37,283

回編集