「ポイント」の版間の差分

m
なお上述の通り、アメリカン・ポイントは DTP ポイントと異なる。このため、小さなポイント数ならばともかく紙面全体となってくるとかなりのズレが生じることになる。ゆえにポイント基準で製作された過去の[[書籍]]を[[組版|組み]]直す際には、当時の[[組版]]指示書をそのまま使えないことがある。
 
一方、[[TeX|{{TeX}}]] (TeX) ではこの問題を、より微細なスケールド・ポイント (scaled point, sp) を 1&nbsp;sp =&nbsp;1&nbsp;/&nbsp;2<sup>16</sup>&nbsp;pt (=&nbsp;1&nbsp;/&nbsp;65,536&nbsp;pt) と定義して導入し、これを用いて複数のポイントを定義しなおすことによって解決している。{{TeX}} においてはポイントを 1&nbsp;pt =&nbsp;65,536&nbsp;sp =&nbsp;1&nbsp;/&nbsp;72.27&nbsp;in. (=&nbsp;25.4&nbsp;/&nbsp;72.27&nbsp;mm =&nbsp;0.351&nbsp;459&nbsp;80...&nbsp;mm) と定義してあり({{TeX}} ポイントと呼ばれる)、一方でビッグ・ポイント (big point, bp) を 1&nbsp;bp =&nbsp;65,781&nbsp;sp [=&nbsp;65,781&nbsp;×&nbsp;25.4&nbsp;/&nbsp;(2<sup>16</sup>&nbsp;×&nbsp;72.27)&nbsp;mm =&nbsp;0.352&nbsp;773&nbsp;70...&nbsp;mm] と定義している。アメリカン・ポイントに {{TeX}} ポイントを、DTP ポイントにビッ・ポイントを対応させることで、アメリカン・ポイントと DTP ポイントとを(アメリカン・ポイントに対して 0.0170% 程度の[[誤差]]のもとで)併用することができる。
 
==ポイントとほかの単位系==
230,364

回編集