メインメニューを開く

差分

 
== 概要 ==
現在、世界中で広く普及している[[うま味]][[調味料]]の発見者で、その成分はL-[[グルタミン酸ナトリウム]]であることを解明した。幼少期より[[昆布]]の[[出汁|だし]]に関心を持ち、[[湯豆腐]]のだし汁昆布の研究に着手。[[1907年]]に約38 kgの昆布から煮汁をとり、うま味の素であるL-グルタミン酸ナトリウム約30 gを得ることに成功。[[1908年]][[4月24日]]には「[[グルタミン酸]]を主要成分とせる調味料製造法」に関する[[特許]]を出願し、3か月後の[[7月25日]]に特許登録された。池田から事業経営を任された[[鈴木三郎助]](当時鈴木製薬所代表)により、「[[味の素]]」という商品名を付けられ、製造販売。その後、味の素株式会社へと発展した<ref name="tokyodaigaku"></ref>。
 
[[甘味]]、[[酸味]]、塩味、[[苦味]]に次ぐ第五の[[味]]とされる「うま味」の存在に関しては長く学界で議論されてきたが、その後、舌の味蕾に存在する感覚細胞に[[グルタミン酸受容体]]が発見されたことから[[味覚]]のひとつとして認められるようになり、日本語の'''UMAMI'''のままで世界に通用するようになった。その後さらに、消化器官にも受容体があることが明らかにされ、[[胃]]にうま味が入ると、[[消化]]を促進する効果があるとする生理学的学説が示されている。<ref name="tokyodaigaku"></ref>。
匿名利用者