「松井須磨子」の版間の差分

編集の要約なし
m (曖昧さ回避ページへのリンクを付け替え(バーナード・ショージョージ・バーナード・ショー))
大正3年(1914年)
* 1月 -『海の夫人』(イプセン作、島村抱月訳)エリーダ役;『熊』([[チェーホフ]]作、楠山正雄訳)ヘレエネ役。第2回公演、有楽座。
* 3月 -『[[復活 (小説)|復活]]』([[レフ・トルストイ|トルストイ]]原作、[[アンリ・バタイユ]]脚色、島村抱月訳)カチューシャ役;『嘲笑』(中村吉蔵作)お千代役。第3回公演、帝国劇場。
* 7月 -『復讐』(島村抱月作)女・役。第1回研究劇、[[福沢桃介]]邸内試演場。
* 8月 -『マグダ(故郷)』再演;『[[ディオゲネス (犬儒学派)|ヂオゲネス]]の誘惑』(シュミットボン作、[[森鴎外]]訳)イノ役。夏期臨時公演、[[歌舞伎座]]。
匿名利用者