「柳さく子」の版間の差分

編集の要約なし
1924年9月、野村が[[松竹京都撮影所|下加茂撮影所]](当時蒲田の[[現代劇]]に対し、[[時代劇]]を製作していた)の所長に異動すると{{Refnest|group="注"|この異動に関しては、左遷説(妻子ある野村とさく子のスキャンダルに対する懲罰措置)<ref name="jinbutsu"/><ref name="kidoshirou1"/>と、配置替え説(時代劇部門の強化を目的としたもの)<ref name="haiyuuzenshuu3">『日本映画俳優全集・男優編』、178頁</ref>の2説がある}}、さく子も[[河村黎吉]]・[[志賀靖郎]]・[[小川国松]]・[[双葉くみ子]]などの俳優、[[大久保忠素]]・[[清水宏 (映画監督)|清水宏]]などの監督とともに行動を共にする<ref name="haiyuuzenshuu1"/><ref name="romance6"/>。
下加茂では看板女優として、いずれも野村監督の『元禄女』、『[[雷お新]]』、『城木屋お駒』、『三日月お六』前後編、『[[高橋お伝|お伝地獄]]』前中後編、『[[復活 (小説)|復活]]』([[レフ・トルストイ|トルストイ]]の同名作品の翻案)や、清水監督の『恋より舞台』などに主演し<ref name="haiyuuzenshuu1"/>、特に『お伝地獄』の演技は高い評価を受けた<ref>『映画年鑑』大正十四年十五年版、69頁</ref>。だが興行面では全体的に伸び悩み、結果として撮影所は1925年6月に一時閉鎖となる(翌年再開)<ref name="haiyuuzenshuu1"/><ref name="romance6"/>。スタッフ・俳優は全員蒲田に引き上げることとなった<ref name="haiyuuzenshuu1"/><ref name="romance6"/>。
 
[[Image:Yofu Gonin Onna.jpg|thumb|240px|映画『妖婦五人女』(1926年)宣伝用写真から。左から、[[栗島すみ子]]、[[松井千枝子]]、[[川田芳子]]、[[筑波雪子]]、'''柳さく子''']]
匿名利用者