「和倉温泉駅」の版間の差分

[[能登地方]]の代表的な温泉である[[和倉温泉]]への最寄駅である。[[1925年]]に[[日本国有鉄道|国鉄]][[七尾線]]が延伸した際に「'''和倉駅'''」として開業した([[1928年]]までは終点駅)。[[1980年]]に「'''和倉温泉駅'''」に改称され、[[1987年]]からJR西日本の駅となった。
 
国鉄時代は貨物の取り扱いもあり、同駅近隣にある[[イソライト工業]]の貨物運送のため[[陶器車[[ポム]]も常備車として在籍していた。同駅から約500mほど枝分かれした[[イソライト工業]]への引込線も貨物取扱廃止時まで営業していて、専用のディーゼル入替機関車が工場と駅を往復していた。
 
[[1991年]]に七尾線が当駅まで電化されるのと同時に七尾線の一部がのと鉄道に経営移管され、JR七尾線の終点駅は当駅、のと鉄道[[のと鉄道七尾線|七尾線]]の起点駅は1駅南の[[七尾駅]]となり(当駅は国鉄・JRとしては63年ぶりに終点駅に戻ったことになる)、七尾駅 - 当駅間はJRとのと鉄道の共用区間となった。その際、普通列車は七尾駅を境に系統分離して七尾駅以南はJR、以北はのと鉄道が運行することとし、共用区間ではJRは優等列車のみの運行となった。
匿名利用者