「パナマ運河疑獄」の版間の差分

m
編集の要約なし
(m)
またレセップスとその息子およびエッフェルが[[背任]]・[[詐欺]]の罪で訴えられ有罪判決を受けたが、上訴審では無罪となった。レセップスは精神錯乱の末1894年に病死した。
 
贈賄工作に直接関わったのは財務顧問の{{仮リンク|ジャック・ド・レーナック|fr|Jacques de Reinach|en|Jacques de Reinach}}男爵(Jacques Reinach)と{{仮リンク|コルネリウス・エルツ|fr|Cornelius Herz|en|Cornelius Herz}}(Cornelius Herz)で、レーナックは右派を、エルツは急進派を担当していた。しかし2人の対立からレーナックは贈賄先リストを反ユダヤの新聞{{仮リンク|ラ・リーブル・パロール|fr|La Libre Parole|en|La Libre Parole}}紙に持ち込んで事件発覚のきっかけを作り、その後自殺した。エルツらはイギリスに逃亡した。2人はいずれもドイツ系[[ユダヤ人]]であったことから、国粋・[[反ユダヤ主義]]的新聞はこれを利用して大衆の反ユダヤ感情を煽り立て、それが[[ドレフュス事件]]につながったともいわれる。
 
クレマンソーはエルツと関係があったため[[1893年]]の選挙で敗れ、一旦政界から身を引いた。この事件により3内閣が倒れ、大衆の政治家不信に火をつけた。
2,834

回編集