「放蕩」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 1 件をウィキデータ上の d:Q7247596 に転記)
編集の要約なし
'''放蕩'''(ほうとう)とは、自分の思うままに振る舞うこと<ref>広辞苑第五版p.2438【放蕩】</ref><ref>大辞泉</ref>。やるべきことをやらず、[[飲酒]][[遊び]]にうつつをぬかすこと。
 
== 概説 ==
放蕩とは自分の思うままに振る舞うことであり、やるべきことをやらず自分のやりたい放題にして、家の[[財産]]などを蕩尽すること(つかいつくしてゆくこと)である。特に、[[酒]]([[飲酒]])にふけったり、女遊びにふけることを指すことが多い<ref>広辞苑第五版p.2438【放蕩】</ref><ref>大辞泉</ref>。
 
放蕩を繰り返す人は「放蕩者 ほうとうもの」「[[放蕩息子]]」「放蕩児」などと呼ばれている。
 
上記の呼称で呼ばれた人、呼ばれている人は数限りなくいるのではあるが、過去の人物の具体例を幾人か挙げると、たとえば[[アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック]]や[[薩摩治郎八]]などがそう呼ばれることがある<ref>式場 隆三郎 「放蕩の貴族ロートレック」芸術新潮 2(11), 126-134, 1951-11</ref> <ref>鹿島 茂「蜃気楼を追いつづけた男--薩摩治郎八が失くしたものと残したもの(パリの放蕩息子バロン・サツマ物語)」芸術新潮 49(12), 6-25, 1998-12</ref>。
 
== 放蕩を題材とした作品 ==
[[新約聖書]]の「[[ルカによる福音書]]」には「[[放蕩息子のたとえ話]]」(放蕩息子の帰還)がおさめられており、西洋の人々がprodigal(放蕩)と聞くと真っ先に思い出すのがこの話である。この話は多くの[[作家]]にインスピレーションを与え続けている。例えば『[[ロンドンの放蕩者]]』(16世紀末~17世紀初頭の作品)がそれであり、[[レンブラント・ファン・レイン|レンブラント]](1606 - 1669)も「放蕩息子の帰還」を題材にした作品を描き、[[アンドレ・ジッド]](1869 - 1951)も同名の作品を書いた。また、[[ジェフリー・アーチャー]]の『[[ロスノフスキ家の娘]]』(1982)もこの喩え話から着想を得ているなど、枚挙にいとまがない。
 
== 関連項目 ==
== 関連文献 ==
* {{Cite journal|和書|author=玉崎紀子 |title=女放蕩者のなりゆき |date=2000-10-10 |publisher=中京大学 |journal=中京大学教養論叢 |volume=41 |number=1 |naid=110004645184 |pages=831-851 |ref=harv}}
 
 
{{デフォルトソート:ほうとう}}