「渡辺正行」の版間の差分

編集の要約なし
m (一般的でない表記の修正)
[[ゴルフ]]は得意中の得意で、スコアはセミプロ並みの79。しかし、2009年3月25日放送分の『[[クイズ!ヘキサゴンII]] 宮古島合宿3時間SP』内の「昼食決めヨーイドン!ゴルフ」で、[[里田まい]]とのコンビでピンクチーム代表として参加したときには、あまりの過酷さにミスを連発。17番ホールではグリーンオンが狙える第3打で痛恨のミスショットをし、OBという最悪の結果になったが、3チーム中(MCチームを除いて)トップの成績でホールアウトした。
 
「笑い上手」としての一面があり、現在長年レギュラー出演中のしていたTBS系『[[さんまのSUPERからくりTV]]』(2014年9月放送終了)では、同じ「笑い上手」の[[関根勤]]と共に番組を盛り上げてい
 
『クイズ!ヘキサゴンII』では、ラサール石井や[[アンガールズ]]と共に司会の[[島田紳助]]から知能面において高い評価を受けていたが、年のせいか縄跳びクイズではスタミナがもたないなど体力面は低かった。また、他の人が答えた回答が惜しかったり、自チームが詰まっていると表情でヒントを与えたり、勝手にヒントを教えたりするためそのたびに顰蹙を買った。その一方で収録外では他の出演者と仲良くしており、紳助も「同い年だが芸歴は自分が上のため、この年になっても『紳助'''さん'''』と呼んでくれる。」と発言している。
特技は[[コーラ (飲料)|コーラ]]([[ペプシコーラ]])の一気飲み。かつてレギュラー出演していた『[[森田一義アワー 笑っていいとも!]]』(フジテレビ系列)では、一般出場者が渡辺とコーラの一気飲み対決をするコーナー(ゲーム「13日の月曜日」)があり、そこで渡辺はほぼ無敵を誇った。この特技にまつわるものでは、地方の営業でコーラの一気飲みを披露し、ギャラの100万円を貰うとすぐにその場から消えた、という逸話がある<!--ある[[ワイドショー]]番組で[[井上公造]]が話していた-->。ちなみに、本人による一気飲みのコツは、「我慢をする事」と、コーラは冷えたものではなく常温のものでないと、「喉が締め付けられる為に飲みにくい」のだという。また、『[[ザ・ベストテン]]』でこの技を披露した際は、スポンサー(当時の[[麒麟麦酒|キリンビール]]、現[[キリンビバレッジ]])の都合上、[[キリンレモン]]で一気飲みをした。
一度負けたことがあり、終了後の楽屋に横澤プロデューサー(当時)が訪れ、一言「負けちゃったね」と残していった。そのときに渡辺は「このコーナーは負けちゃいけないんだ」と初めてわかった。
 
=== オールスター感謝祭 ===
* 自身の結婚直後の『オールスター感謝祭』(1999年に生放送された'99)にてPeriod1の第1問のネタにされた。その際、当時総合司会の紳助は「この幸せの裏には、多くの犠牲者がいたことを忘れてはなりません」「今テレビの前で何人かの方が本当に気分を悪くされています」とコメントした。
 
2015年1月20日午前(19日深夜)放送のTBSバラエティ『時間がある人しか出れないTV』で、全47回(調査当時)でクイズ正解数が多かった芸能人を調査したところ、計1180問を正解し、第1位であることが判明した<ref>渡辺本人は当該回には出演していない</ref>(第2位は[[岡江久美子]])。
 
== その他エピソード ==
* 兄が一人おり、渡辺の出身地であるいすみ市で焼き鳥屋を経営している<ref>[[いすみ鉄道]]が運行する臨時急行列車のガイドアナウンスでこの店が紹介される。</ref>。渡辺の兄によれば、焼き鳥屋なのにラーメンを食べに来る客が多いとの事。『[[クイズ!ヘキサゴンII]]』の「相手が書かない答えでシュート PKクイズ」でこの焼き鳥屋のメニューを当てるクイズを行ったが、[[焼き鳥]]系のメニューより[[漬物|古漬け]]が多いと指摘された。
* 2012年12月20日放送の『[[高田文夫のラジオビバリー昼ズ]]』に出演した際、[[清水ミチコ]]に娘の本名をばらされ、リアクションで慌ててしまったために不覚にもその名前が正しいことを示してしまった。このほか、「この番組に出ると必ずイメージダウンして帰ることになる」「スペシャルウィークの前にしか呼んでもらえない(なぜか、[[聴取率]]調査週間の前週のゲストに呼ばれることが恒例となっている)」などとぼやいている。
* 結婚直後の『オールスター感謝祭』(1999年秋)にて第1問のネタにされた。その際、司会の紳助は「この幸せの裏には、多くの犠牲者がいたことを忘れてはなりません」「今テレビの前で何人かの方が本当に気分を悪くされています」とコメントした。
* 自身のマネージャーの夫は浜谷健司([[ハマカーン]])。