「Time Machine (ソフトウェア)」の版間の差分

m
てにをはの修正や、語尾の統一。
(全体的にに加筆し、構成を整理しました。)
m (てにをはの修正や、語尾の統一。)
| 最新版 =
| 最新版発表日 =
| 対応OS = [[OS X|Mac OS X]]
| 種別 = [[バックアップ]][[ソフトウェア]]
| ライセンス =
| 公式サイト = [http://www.apple.com/jp/osx/apps/#time-machine Time Machine]
}}
'''Time Machine'''(タイムマシン)とは、[[アップル インコーポレイテッド|アップル]]が開発する[[MacOS X]]用の[[バックアップ]][[ソフトウェア]]である。[[Mac OS X v10.5]]以降に搭載されている。
 
==概要==
OS Xに内蔵されているバックアップ機能であり、ユーザーのファイル・フォルダに加えてシステムファイル・[[アプリケーション]]・環境設定など、Macコンピュータ全体を自動的にバックアップする。バックアップのための専用のボリューム(外付け[[ハードディスク]]や[[NAS]]など)が必要になるが、バックアップ用フォルダ以外の空きスペースに使用していない分バックアップTime Machine以外に使用可能である<ref>[http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/01/29/timemachine/ Laopard標準バックアップツール「Time Machine」を使いこなす] - [[マイナビニュース]](2009年1月29日)</ref><ref name=ascii>[http://ascii.jp/elem/000/000/457/457960/ もっと知りたい! Snow Leopard - 第8回 Macのバックアップ、Time Machineで始めよう!] - [[ASCII.jp]]([[アスキー・メディアワークス]])</ref>。
 
バックアップは、1時間ごとの[[増分バックアップ]]で行われるが、[[ハードリンク]]によりファイル構成上は毎回フルバックアップのような見かけになっており、バックアップの高速化とディスク容量の低消費などを実現している<ref name=FlyBack>[http://journal.mycom.co.jp/news/2007/11/12/003/ あのTime MachineをLinuxで? - バックアップツール「FlyBack」が登場] - マイナビニュース(2007年11月12日)</ref>。定期的にバックアップデータを間引かれ(24は24時間〜1ヶ月までは1日単位、1ヶ月以降は週単位と自動的に間引かれ、さらにバックアップ先の空きに使用する容量が不足する場合は、最も自動で古いバックアップから自動的データが削除することで新しいバックアップ用のされ、必要な容量が確保される。個別にバックアップ対象外のファイルを指定することも可能できる<ref name=ascii />。
 
リストア作業は[[Finder]]や[[Spotlight]]から操作できるほか、特徴的な[[GUI]]を利用することもできる<ref name=FlyBack />。システムコンピュータをバックアップしているため、Time Machineからシステムを復元することや、OSの新規インストール後に移行アシスタントを使ってバックアップ元の環境を引き継ぐことも可能である<ref name=ascii />。
 
[[OS X Lion]]以降で実装された[[FileVault|FileVault2]]により、Time Machineのバックアップ先ドライブを[[暗号化]]することもできるようになった。
 
==関連項目==
*[[OS X Server|Mac OS X Server]]
*[[Backup_(ソフトウェア)|Backup]] - アップルがTime Machine以前に提供していたバックアップソフト。
*[[AirMac]]