「小坂吉俊」の版間の差分

編集の要約なし
'''小坂 吉俊'''(おさか よしとし、生没年不明)は[[室町時代]]の武将。柏井荘[[吉田城 (尾張国)|吉田城]]主(3代目)。初代城主の[[小坂吉政|小坂孫四郎吉政]]は子に娘が2人しかおらず、父の[[小坂行宗|小坂九郎行宗]](前野俊平の子)は孫四郎の猶子となった。通称、源九郎。弟に[[小坂正高]]、娘に長女妙善([[前野宗康]]室)、息子に長男[[小坂正氏|小坂久蔵正氏]]、次男[[小坂正吉|小坂孫九郎正吉]](政吉)がいる。
 
== 概要 ==
吉俊は、家督を長男の久蔵正氏に譲っているが、[[弘治 (日本)|弘治]]2年([[1556年]])[[清洲城]]攻めの深田(現在の[[あま市]][[七宝町]]桂深田)の戦で正氏は討死し、次男源九郎正吉も深手を蒙って子も無がなった(のちに越前の陣で戦没)。娘妙善と[[前野宗康]]([[織田信安]]家老)の長男[[小坂雄吉|小坂孫九郎雄吉]](初名宗吉、幼名千代太郎)が、吉田城に居城し、[[織田信秀]]・[[織田信長|信長]]父子に仕え、信長は小坂氏の名跡が絶えることを惜しみこれを受け継ぐこととなった。そして、信長の命令で[[上条城 (尾張国)|上条城]]に来た佐久間勢500とともに上条城に拠った。
 
== 関連項目 ==
*[[吉田城 (尾張国)|吉田城]]
*[[上条城 (尾張国)|上条城]]
 
== 脚注 ==
匿名利用者