「M51 (モッズコート)」の版間の差分

Benichan (会話) による ID:54181524 の版を取り消し 理由はノートを参照ください
(203.95.50.207 (会話) による ID:54178826 の版を取り消し狭い意味で「傾向を表す言葉」ではありませんがファッション用語として重要)
(Benichan (会話) による ID:54181524 の版を取り消し 理由はノートを参照ください)
[[ファイル:Fishtail Parka.jpg|thumb|M-51 Fishtail Parka]]
[[File:M-1951 PARKA SHELL.JPG|thumb|M-1951 PARKA SHELL]]
'''M-51'''は、[[アメリカ陸軍]]で使われた軍用[[パーカ]]の1モデル。1960年代に[[イギリス]]の[[モッズ]]が愛用したことから「モッズコート」とも呼ばして知らてい軍用パーカは、狭義には[[1950年代]]に採用された米軍の極寒防寒衣料の51年型モデルを指し、Mは英語で陸軍を示ミリタリーの頭文字、51は同パーカの仕様が正式採用された1951年を示す(原型は1948年のEX48、M48のパーカ)。現在では「モッズコート」という呼称が定着しているが、199090年代までは「モッズパーカ」「シェルパーカ」などと呼ばれることが一般的であった。
M-51は「パーカ」のほか、「ジャケット」や「トラウザーズ」もあり、しばしば混同されるがアイテムとしては全くの別物である。
 
== 概要 ==
米軍規格(milspec)mil-p-11013(1951年3月14日)<ref name="MIL-P-11013(QMC)">[http://parkashell.exblog.jp/11699532/ M-51parkaに関する2,3の事柄【[[MIL-P-11013]]】]</ref>により規定される名称は、「PARKA SHELL M-1951」となっている。主に[[朝鮮戦争]]で使用された
 
いわゆる「[[M65 (フィールドジャケット)|フィールドジャケット]]」の上に羽織る「[[パーカー (衣類)|パーカ]]」として使用し、[[襟]]には[[フード]]が縫い付けられ、フラップ付き大型ハンド[[ポケット]]が両脇に設置されている。両肩には[[トレンチコート]]や[[サファリジャケット]]のような[[肩章#ショルダーループ|ショルダーループ]](ショルダーストラップやエポレットとも呼ぶ)がある。
* [[外套]]
* [[パーカー (衣類)]]
* [[青島俊作#青島のコート]] - 主人公の青島刑事が着用した
 
{{デフォルトソート:M51}}
194

回編集