「辻香織 (歌手)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
| Occupation = [[シンガーソングライター]]
| Years_active = [[1999年]] -
| Label = [[ワーナーミュージック・ジャパン|DREAM MACHINE]](2002年)<br/>DREAM ROBOT(2003年 - 2005年)<br/>[[日本コロムビア|コロムビアミュージックエンタテインメント]](2005年~) - )
| Production =
| Associated_acts =
'''{{JIS90フォント|辻}} 香織'''(つじ かおり)は[[日本]]の[[女性]][[シンガーソングライター]]。[[東京都]][[台東区]][[浅草]]出身。声優の[[辻香織 (声優)|辻香織]]とは別人。
 
== 概要・来歴 ==
[[1999年]]ソニー・ソイツァーミュージックのオーディションに、10年経っても色褪せない音楽という題名に惹かれ応募。2500人の中から選ばれる。[[the castanets]]の小宮山聖をプロデューサーに迎え、[[下北沢]]を拠点にライブ活動を行う。当初は{{JIS90フォント|辻}}カオリの名だったが、後に漢字表記に改める。
 
[[2002年]]8月、インディーズデビューミニアルバム『トマトジュース』を発売。お台場ZEPP TOKYOで行われたライブイベント『GIRL POP FACTORY』に出演。ライブ後の手売りで100枚完売。手売りの女王と言われる。
 
[[2003年]]4月、[[ニッポン放送]][[オールナイトニッポンレコード]]に準レギュラーとして参加。
 
2003年12月、[[高田渡]]のカバー曲コーヒーブルース、オリジナル曲スタンダード両A面シングルで[[日本コロムビア|コロムビアミュージックエンタテインメント]]より、メジャーデビュー。
 
[[2004年]]2月、[[フジテレビジョン|フジテレビ]]『[[HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP]]』に出演。カバーアルバム 『春待ち詩』発売。自身の音楽ルーツである、[[1970年代|70年代]]フォークロックを中心としたカバーアルバムで話題を呼ぶ。
 
2004年4月、1stオリジナルアルバム『光る海』を発売。全国各地のインストアツアーを開始。5月には、東京、大阪、名古屋 ワンマンライブツアーを大成功に納める。
 
[[2005年]]2月、[[五輪真弓]]のカバー曲少女が[[廣木隆一]]監督作品『ラマン』のエンディングテーマに起用される。
 
2005年11月、コロムビアミュージックエンタテインメント第1弾ネットアーティストとしてプラムで再デビュー。NHKの朝のニュースやスポーツ新聞の一面に載るなど話題を呼ぶ。
 
[[2006年]]6月、2005年11月からネット限定の音楽配信で人気を集めたプラムグライダーに新曲を加えたミニアルバム『夏風』を発売。発売日には、原宿クエストホールでのワンマンライブを成功させる。
 
[[2007年]]11月、自身初のセルフレーベルで2nd アルバムDay by dayを発売。レコ発ワンマンライブを表参道FABで行う。
 
[[2008年]]1月、Day by dayを全国流通にて発売開始。全国各地でインストアライブやツアーを開始。
 
2008年5月、[[いとうせいこう&POMERANIANS≡]]『カザアナ』にボーカリストとして参加。大阪・東京のツアーには、コーラスとして初参加。
2008年9月、自身2枚目となるカバーアルバム、『Fragrance Feat. 辻香織 「The Book of Love No.1 VARIETE」』発売。この頃から、ボーカリストとしての起用も多くなり始める。
 
2008年11月、[[したまちコメディ映画祭in台東]]にて、[[三遊亭あほまろ]]監督作品『ゆめまち観音』挿入歌風渡る空想いは遥か~』〜」として参加。
 
[[2009年]]12月、下町3人組みユニットARUYOを結成。メンバーは、[[池田貴史]]([[100s]]、[[レキシ]])、[[永友聖也]]([[キャプテンストライダム]])。(現在は活動休止中)
 
[[2010年]]6月、音楽ファイル配信という新しい形で、3枚目となるアルバム『走ル恋』の配信を開始。自身のWebsiteより隔週にて全7曲が配信される。
 
2010年9月、アルバム『走ル恋』リリース記念ワンマンライブを南青山月見る君想フにて行う。ワンマンライブと同時にアルバム『走ル恋』USBメモリーカード版の発売を開始。
 
[[2011年]]11月、前作から引き続き、サウンドプロデュースに東里起&上田禎を迎えて、通算8枚目となるNEW ALBUMひまわりを発表。全国発売は[[2012年]]3月。
 
== ディスコグラフィー ==
# '''コーヒーブルース/スタンダード'''(2003.12.17)
# '''夜明けの一秒前'''(2004.5.26)
 
=== アルバム ===
# '''トマトジュース'''(2002.8.28)※インディーズミニアルバム
 
{{DEFAULTSORT:つし かおり}}
[[Category:1980年生]]
[[Category:存命人物]]
[[Category:日本のシンガーソングライター]]
[[Category:東京都出身の人物]]
[[Category:日本コロムビアのアーティスト]]
[[Category:東京都出身の人物]]
[[Category:1980年生]]
[[Category:存命人物]]
32,169

回編集