「1932年11月ドイツ国会選挙」の版間の差分

シュライヒャーとヒンデンブルクの軍部独裁計画の会話の日付を加筆。
(→‎選挙後: CSVDほか)
(シュライヒャーとヒンデンブルクの軍部独裁計画の会話の日付を加筆。)
[[11月13日]]、パーペンはヒトラーとの面会を行い選挙後の「情勢について語り」あった。しかし、ヒトラーはここで多くの条件を掲げたため、合意することはなかった。さらにシュライヒャーもパーペンを無用と判断、辞職を迫った<ref name="第三帝国の興亡1 346">[[#シャイラー(第三帝国の興亡1)| シャイラー (2008)‎、p.346]].</ref>。
 
結局、[[11月17日]]にナチ党・社民党・共産党のいずれからも支持を得られないフランツ・フォン・パーペン首相は辞職した。しかし後任の首相がすぐに決まらず、[[12月3日]]までパーペンが首相代行を続けた<ref name="ヒトラー全記録205"/>。ヒンデンブルクは国会の第1党を占めるナチ党の[[アドルフ・ヒトラー]]にパーペンとの和解(=パーペン内閣の副首相就任)を求めたが、ヒトラーは首相職以外受ける気はないと拒否した。結局この後、ヒンデンブルクはシュライヒャーを首相に任命して「大統領内閣」を続けたが、ナチ党も社民党も共産党もシュライヒャーを支持せず、すぐに進退きわまったシュライヒャーは国会を解散して選挙日を定めずにそのまま国会を事実上停止して軍部独裁政治へ移行することを、[[1933年]][[1月23日]]に企図したが、ヒンデンブルクの反対で失敗した<ref name="ヒトラー全記録212">[[#阿部(ヒトラー全記録)| 阿部 (2001)‎、p.212]].</ref>。そしてヒンデンブルクは[[1933年]][[1月30日]]にアドルフ・ヒトラーを首相に任命することとなるのである<ref name="ヒトラー全記録213">[[#阿部(ヒトラー全記録)| 阿部 (2001)‎、p.213]].</ref>。
 
 
2,834

回編集