「存在動詞」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (Be動詞存在動詞 へ移動: NPOV のため日本語化)
m
'''be存在動詞'''(ビーそんざいどうし)とは、[[語]]において[[名詞]]や[[形容詞]]の[[補語]]を伴って[[主語]]の状態を表現したり、[[現在分詞]]をともなって進行中の状況を表現したり(進行形)、[[過去分詞]]を伴って[[受動態]]を表現する助動詞的な役割を果たす[[動詞]]のことをいう。英語に代表させて他の西欧語の同じ性格の動詞を包括的に be 動詞と呼ぶことがある。
{{小文字|title=be動詞}}
'''be動詞'''(ビーどうし)とは、[[英語]]において[[名詞]]や[[形容詞]]の[[補語]]を伴って[[主語]]の状態を表現したり、[[現在分詞]]をともなって進行中の状況を表現したり(進行形)、[[過去分詞]]を伴って[[受動態]]を表現する助動詞的な役割を果たす[[動詞]]のことをいう。英語に代表させて他の西欧語の同じ性格の動詞を包括的に呼ぶことがある。
 
英語のbe, [[ドイツ語]]のsein, [[スペイン語]]のser, estarがそれに該当する。
 
== be動詞の活用 ==
<table border="1">
<tr>
<th>主語</th>
<th>原形</th>
<th>現在形</th>
<th>過去形</th>
<th>現在分詞・動名詞</th>
<th>過去分詞</th>
</tr>
<tr>
<th>I</th>
<td rowspan="5">be</td>
<td>am</td>
<td>was</td>
<td rowspan="5">being</td>
<td rowspan="5">been</td>
</tr>
<tr>
<th>you</th>
<td>are</td>
<td>were</td>
</tr>
<tr>
<th>thou</th>
<td>art</td>
<td>wast/wert</td>
</tr>
<tr>
<th>3人称単数</th>
<td>is</td>
<td>was</td>
<tr>
<th>複数</th>
<td>are</td>
<td>were</td>
</tr>
</table>
 
[[Category:英語|beとうし]]
 
[[Category:語|beそんさいとうし]]
 
[[en:Indo-European copula]]
2,219

回編集