「ローソク足チャート」の版間の差分

編集の要約なし
m
ローソク一つあたりの期間が一日の場合は'''日足'''(ひあし)、一週間の場合は'''週足'''(しゅうあし)、一月の場合は'''月足'''(つきあし)、一年の場合は'''年足'''(ねんあし)と呼ぶ。
 
ローソク足は[[江戸時代]]に[[出羽国]]の[[本間宗久]]が発案し、[[大阪]]・[[堂島米会所|堂島の米取引]]で使われたといわれている。今で現在は日本国内だけでなく、日本国外世界中の[[ヘッジファンド]]や個人投資家の間でもローソク足チャートを中心軸において取引をしてられる。
 
ローソク足は一般に[[移動平均線]]と一緒に描かれることが多い。またローソク足の下に[[出来高]]を表示することが多い。
匿名利用者