「ルール地方」の版間の差分

「ミュンヘン会談」を加筆。lk
(「ドルフース」の暗殺と「アンシュルス」を加筆。lk)
(「ミュンヘン会談」を加筆。lk)
|location=日本、東京
|id=ISBN 978-4842055510
}}pp.91-93</ref>({{仮リンク|アレクサンダル1世とルイ・バルトゥー暗殺事件|fr|Assassinat du roi Alexandre Ier et de Louis Barthou}})。[[1935年]]の[[ドイツ再軍備宣言]]後は、抑制されてきた[[軍需産業]]も急速に復興していき、[[1936年]]には失業問題は解決し、ルール地方も含む[[非武装地帯]]とされた[[ラインラント]]への軍事進駐([[ラインラント進駐]])を開始した。[[1938年]][[2月20日]]にイギリスの[[アンソニー・イーデン|イーデン]][[外務・英連邦大臣|外相]]が、[[ネヴィル・チェンバレン]][[イギリスの首相の一覧|首相]]の対ドイツ・イタリア[[宥和政策]]に反対して辞任、政変に揺れるフランスでも{{仮リンク|カミーユ・ショータン|fr|Camille Chautemps}}が辞任して[[レオン・ブルム]]が新[[フランスの首相|首相]]に就任した[[3月13日]]に、外交的空白を突いてドイツによるオーストリア併合([[アンシュルス]])が行なわれた。9月には[[ミュンヘン会談]]が行なわれ、[[ズデーテン地方]]がドイツに譲渡された([[ナチス・ドイツによるチェコスロバキア解体]])。[[10月1日]]にナチスは[[シュコダ財閥]]の軍需工場を接収した。
{{-}}
=== 第二次世界大戦 ===
ヒトラーの野望は、[[1939年]][[9月1日]]の[[ポーランド侵攻]]始まる[[第二次世界大戦]]を招き、いた。結局ドイツはまたも敗戦国となった。第一次世界大戦と異なり、ルール工業地帯は英米軍による[[戦略爆撃]]の重点的な攻撃目標になり、生産財も労働者も無傷では済まなかった。都市だけでなく、背後の輸送機関も重要な攻撃対象となり、工業機能は完全に麻痺した。1945年3月から4月にかけては連合軍([[アメリカ合衆国|アメリカ]]、[[イギリス]]、[[反ナチ運動|Widerstand]])によって[[ヴァルター・モーデル]]元帥麾下の[[B軍集団]]もろとも包囲されて降伏、終戦を迎えた({{仮リンク|ルール包囲戦|de|Ruhrkessel<!-- [[:ja:ルール・ポケット]] とリンク -->|fr|Poche de la Ruhr|en|Ruhr Pocket|FIXME=1}})。
 
=== デモンタージュ問題 ===
2,834

回編集