「ニネヴェ (メソポタミア)」の版間の差分

== 遺跡 ==
[[チグリス川]]沿いの現代の都市モースルの対岸(東岸)に存在する。クユンジクとネビ・ユヌスという二つの丘からなるが、ネビ・ユヌスは現在[[イスラム教]]の聖地となっているため調査はほぼ行われておらず、ニネヴェに関する現代の知識はクユンジクの調査に依存している。[[19世紀]]半ばから繰り返し調査が行われているが、なお十分とはいえない。
 
さらに、[[2014年]]からは[[イスラーム国]]によって、遺跡の破壊と略奪が行われている([[#歴史]]も参照)。
 
== 歴史 ==
匿名利用者