「額田郡一揆」の版間の差分

m
編集の要約なし
編集の要約なし
m編集の要約なし
『今川記』によれば一揆の発生した当時の三河では、将軍家御一家たる吉良氏が東条家・西条家に分かれて対立抗争を繰り返し、国内の[[国人]]・[[地侍]]衆も両派に分かれて幾度も戦っていたという。この結果、吉良氏惣領の西条家(上吉良とも)の権威は失墜し、これらの国侍達は西条家側・東条家側を問わず吉良氏の下知に従う者がほとんど居なくなる状況であった。
 
こうした中で、寛正6年の三河額田郡内において、大場次郎左衛門・丸山中務入道父子・梁田左京亮等の侍たちが井口砦(岡崎市井ノ口町)に籠居して武装蜂起し、[[京都]]の幕府の威令に服さず近の[[尾張国]](守護は[[斯波氏]])・[[駿河国]](守護は今川氏)にも音信はなく、ただ「鎌倉殿」=[[古河公方]][[足利成氏]]の命であると称して、域内の主要な道を封鎖して京都への租税等官物を奪うなどの狼藉を働いていたという。このため幕府は、同年[[4月29日 (旧暦)|4月29日]](新暦[[5月24日]])付けで奉書を発して三河[[守護]][[細川成之]]に鎮圧を命じ、成之は三河に発向し、国内の有力[[国人]]である西郷六郎兵衛・牧野出羽守の両名にも出陣を命じた。[[西郷氏]]・[[三河牧野氏|牧野氏]]は数百の軍勢で三日三晩、一揆側の本拠地・井口砦を攻めて陥落させたが、なぜか一揆の大将分を全て取り逃してしまった。
 
そこで、幕府は代わりに同国の松平和泉入道・戸田弾正父子に<ref group="注釈">『今川記』に言う松平和泉入道は『新編岡崎市史 2 中世』p.376によると[[松平信光]]、戸田弾正は『豊橋市史 第1巻 - 原始・古代・中世編』p.357によると[[戸田宗光]]と比定されている。</ref>に新たに鎮圧を命じたが、松平氏等の動きは精を欠き、松平氏親類・被官そして戸田氏も一揆側を放置または加担する動きを見せたので、却って一揆勢は郡内各所に再び立ち戻って狼藉を繰り返した。すなわち戸田氏知行所内の大平郷([[岡崎市]])を徘徊したり、松平氏領内に砦を築いて立て籠もる有り様で、いまだ鎮圧のできないまま時日が経過した。
 
業を煮やした成之は被官・飯尾彦六左衛門を幕府[[政所#室町時代の政所|政所]][[執事#室町幕府の執事|執事]]・[[伊勢貞親]]のもとに派遣して、伊勢氏被官である松平氏等が一揆勢の狼藉を許している状況を訴えた。貞親は[[奉行人]]・[[蜷川親元]]に一揆の鎮圧を督促する内容の奉書数通を松平氏・戸田氏ら宛に作成させて成之に渡した。これらが三河守護成之から伝達されると、両氏は一転、激しく一揆勢の拠点を攻め立てた。結果、大場次郎左衛門は深溝で松平大炊助に討たれ、丸山中務も大平郷で戸田氏が討ち取った。また、三河国外への逃亡を図った芦谷助三郎・大場長満寺らは駿河の今川領内丸子([[静岡市]]丸子)において[[今川義忠]]に討ち取られ、その他に賊徒5名を捕らえて京へ護送した。これによって一揆はようやく終息した。<ref>『新編岡崎市史 2 中世』pp.376-380。</ref><ref>『三河松平一族』pp.78-80。</ref><ref>『額田郡一揆蜂起』。</ref>