「ハシリドコロ」の版間の差分

編集の要約なし
== 毒性と薬用 ==
[[ファイル:Eykman1883-Scopoliae Rhizoma.jpg|left|thumb|120px|ロートコン]]
[[アルカロイド]]類の[[トロパンアルカロイド]]を主な毒成分とする[[有毒植物]]で、根茎と[[根]]が特に毒性が強い。摂取し中毒を起こすと、[[嘔吐]]や[[散瞳]]、異常興奮を起こし、最悪の場合には死にいたる。これは、同じナス科の[[ベラドンナ]]などと同様の症状である。ハシリドコロのトロパンアルカロイドの成分は、''l''-[[ヒヨスチアミン]]やそのラセミ体である[[アトロピン]](''dl''-ヒヨスチアミン)、他に[[ノルヒヨスチアミン]]、''l''-[[スコポラミン]]などが含まれる。これらの物質は[[副交感神経]]を麻痺させるため、先述のような症状がおこるのである。ただし、用法・用量をまもって使用すれば有用であり、成分の強い根茎と根は'''ロートコン'''(莨菪根、''Scopoliae Rhizoma'')という薬品として[[日本薬局方]]にも収められている。ロートコンに含まれるアトロピンは[[硫酸アトロピン]]の原料になり、ロートコンの成分を水または[[エタノール]]に浸出させたものは'''ロートエキス'''と呼ばれる。
 
ただし、用法・用量をまもって使用すれば有用であり、成分の強い根茎と根は'''ロートコン'''(莨菪根、''Scopoliae Rhizoma'')という薬品として[[日本薬局方]]にも収められている。ロートコンに含まれるアトロピンは[[硫酸アトロピン]]の原料になり、ロートコンの成分を水または[[エタノール]]に浸出させたものは'''ロートエキス'''と呼ばれる。[[ロート製薬]]の[[胃腸薬]]「パンシロン」シリーズにもロートエキスを含む製品があり、これが同社の社名の由来になっているという俗説があるが、実際には[[目薬]]の処方を手がけた当時の[[眼科医]]界の権威・[[井上豊太郎]]の[[ドイツ]]留学時代の恩師である[[ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン|ミュンヘン大学]]教授[[アウグスト・フォン・ロートムント]]の名前にちなむものであり、ロートコンが由来というわけではない。
 
日本では、[[江戸時代]]に[[フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト]]が薬効に気付いたのが契機となり、以降[[ベラドンナ]]の代用品として用いられている。中国では「東莨菪(とうろうとう)」と呼んでいる(「莨菪」は[[ヒヨス]]の[[変種]]シナヒヨス ''Hyoscyamus niger'' var. ''chinensis'' を指す)。
 
ただし、用法・用量をまもって使用すれば有用であり、成分の強い根茎と根は'''ロートコン'''(莨菪根、''Scopoliae Rhizoma'')という薬品として[[日本薬局方]]にも収められている。ロートコンに含まれるアトロピンは[[硫酸アトロピン]]の原料にり、ロートコンの成分を水または[[エタノール]]に浸出させたものは'''ロートエキス'''と呼ばれる。[[ロート製薬]]の[[胃腸薬]]「パンシロン」シリーズにもロートエキスを含む製品があり、これが同社の社名の由来になっているという俗説があるが、。しかし実際は[[目薬]]の処方を手がけた当時の[[眼科医]]界の権威・[[井上豊太郎]]の[[ドイツ]]留学時代の師である[[ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン|ミュンヘン大学]]教授[[アウグスト・フォン・ロートムント]]の名前にちなむものであり、ロートコンがロート製薬の社名の由来というわけではない。
 
== 間違えやすい山菜 ==
早春に土から顔を出す新芽は[[フキ|フキノトウ]]と間違えやすく、葉は青々として食べられそうに見えるため誤食されやすい。
 
== ギャラリー ==
<gallery>
ファイル:Scopolia_japonica-01.jpg|ハシリドコロの幼芽1